« October 2010 | Main | December 2010 »

2010.11.28

ヨンピョン島異聞

故夏目雅子の亭主が伊集院静であったことは皆さんご承知であろう。
その伊集院静が今年6月、「お父やんとオジさん」という小説を刊行した。

父と母は周防灘小野田のあたりに住む朝鮮人であった。(韓国となるのは昭和23年)
仕事は廻船業のようなことをしていたらしいが、日本敗戦直後の朝鮮人として大層な羽振りだったようだ。
母に弟がいた。つまり伊集院のオジさんである。全国学生剣道選手権に出場、先鋒として無敗、天覧の栄に浴するなど甥にとって眩しい存在だった。
そオジさんが韓国独立に血が騒ぎ、祖国のために働かんと昭和23年帰国した。
実家はソウルの北、38度線より南の韓国側であった。

昭和25年、朝鮮戦争勃発。
一旦は北が釜山まで攻め込み、米韓軍が反撃して中国国境に迫り、中国参戦で38度線あたりで膠着状態になった歴史はご存じの通りである。
オジさんは理想に燃えて北軍につき、従軍した。
しかし戦いは治まり、実家の村では北軍の兵士狩りが始まった。多くの若者が殺されているから恨みは深い。
オジさんは村人から隠れ、実家の庭の鶏小屋の地下に穴を掘って潜んだ。見付かれば殺される。

日本にある姉、つまり伊集院の母は夫に「なんとかならないか」と泣きついた。
お父やんは漁船を購入し、高速船に仕立て、子分数人と共に朝鮮に渡った。昭和27年のことである。
そして暗夜上陸したのが、なんとヨンピョン島の近くなのであった!
彼は1か月後の再会を約して船を一旦日本に返す。
そして単身密行して実家に至り義弟を助け出そうとする。そのための米ドル、金粒、ダイヤを用意している。
曲折あるが、結局お父やんは韓国軍高官にコネをつけ、義弟を韓国軍に潜り込ませて再び漁船で日本に帰国する。
小説ではあるが、粗すじは事実であろう。

ヨンピョン島と日本とは一衣帯水なのだ。
思えば昭和21年、私の父は漁船をチャーターして息子2人(私と弟)を朝鮮から日本に送り出したのであった。

 

修善寺の庭「東海第一園」に行った

修善寺の庭「東海第一園」に行ってきました。

境内に上がって、本堂の右手から廊下を潜ってお庭に入ります。
よくあるお寺の回遊式日本庭園ですが、なかなか本格的で滝の高さが非常に高いのが印象的です。
こんなに高い位置から滝が落ちる庭は他に知りません。達磨山から水を引いているそうです。
大正天皇が明治40年にこの庭をご覧になって「東海第一の庭園である」と仰せられたそうで、この名前になりました。

明治38年に三島から庭を移設して以来100年間、一般に開いていなかったそうですが、昨年から秋のこの時期に公開されるようになりました。
素敵なことです。
修善寺に行く楽しみが一つ増えました。

紅葉の盛りでした。落ち葉の写真は奥ノ院で拾った葉っぱです。

101127shuzenji0001

101127shuzenji0003

101127shuzenji0011

101127leavesshuzenjih


2010.11.25

検索に対抗する伏字

一昨日、私はある花の名前を〇〇〇〇〇と伏字で表記した。
これは巷間〇〇〇〇〇に対する異常な関心があり、〇〇〇〇〇を文字で入れると検索に引っ掛かってトラブルことを惧れて伏字としたのである。

ところで伏字とは何であるか。
ウイキで見ると6つものケースを挙げて説明している。その中に<検索対策>はない。

ネット上の検索を避けるために伏字を用いることは既に始まっていることかもしれないが、それにしてもハシリではあるだろう。
ウイキはケースを1つ増やして7つにしなければいけない。

われわれは何もかも検索される義理はない。

 

2010.11.24

頼みの綱

少子高齢化社会対策への<提言>として、私は次の3ヵ条を何度も繰り返してきた。

私の提言―高齢化社会対策として
《出生児に直ちに選挙権を与える》
《未成年者の選挙権行使権を母親に与える》
《鎮痛薬(自殺薬)の販売をもっと自由にする》

この3条目の表現がどうも落ち着きが悪い。
自殺薬の販売を完全に自由にしろとも言えないのでこうなってしまうのだ。
いろいろ考えてきたが、次のように変更することにした。
《安楽死を解禁する》

解禁というが、何が禁じられているのか、誰が禁じているのか、議論には果てがない。
しかしとにもかくにも《安楽死を解禁する》と提言していきたい。

ところで提言するからには、自らが手段を持たなければならない。
私の手段は下の写真である。

左様、これは〇〇〇〇〇である。文字にするとすぐに検索されるので書かない。
諸兄諸姉にはこれが何かすぐにお分かりであろう。
私はこれを庭に確保している。頼みの綱である。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
Office:PCC 森下一義 a sailor and a gardener
私の提言―高齢化社会対策として
《出生児に直ちに選挙権を与える》
《未成年者の選挙権行使権を母親に与える》
《安楽死を解禁する》

101102mgtirikabuto0000

メールでお問い合わせ下さればお教えします。 pccgarden@gmail.com


2010.11.23

果樹のコンテナー栽培

RHSJ(王立園芸協会日本支部)の機関誌に「果樹のコンテナー栽培」の記事が出ていました。
書いた眞子正史さんは農大やJAでプロ(農家)のコンテナ栽培を研究している人です。
眞子さんによれば果樹のコンテナ栽培には次のメリットがあるそうです。
1.樹を矮化したまま維持出来るので管理が楽である。
2.早期着果が可能となる。
3.高品質の果実が生産出来る。
4.移動が自由である。

<桃栗3年柿8年ユズの大馬鹿18年>と言われるほど柑橘類は着果が遅いのですが、コンテナ栽培だと2,3年で実が生るのがメリットなようです。品質もいいらしい。

わが庭でも先週姫リンゴとキンカンを植えました。
ただし着果期待ではなく観賞用です。


101120mgpaintfruits0007

101120mgpaintfruits0006

101120mgpaintfruits0009

101120mgpaintfruits0013


2010.11.21

山茶花の花簪

山茶花の剪定をした時、小鬢に突き出した枝があって余程切り落とそうと思ったのですが、花芽がいっぱいあったので残したら、こんなに立派に咲きました。


101120mgpaintfruits0000

101120mgpaintfruits0002

101120mgpaintfruits0003


庭のテーブルを塗りました

庭のテーブルと椅子の塗装を行いました。
毎年10月の始め頃やるのですが、今年は異常な暑さですべての仕事が遅れています。

写真の赤いテーブルは実は廃棄する予定で次のを買ったのです。
ところが廃棄するには壊さなければならず、それも大仕事だし、さらには廃材が出る。
思い付いて裏板などパッチ当てして補修・補強してみたら結構使えるじゃないですか。
もう2年使って、あと2年は使えそう。
かくしてわが庭にはテーブルが2つ並んでいます。

椅子は毎年塗っても耐用6年ですね。椅子の古くなったのは危険です。

私の体重は78Kg前後と、まだあまりしぼんでいませんが。

101120mgpaintfruits0017

101120mgrobie0001

2010.11.17

秋の三十三間堂

行ってきました秋の三十三間堂。
ハンギングバスケットマスターの全国大会がこの隣のハイアットリージェンシー
で開かれました。
300人以上の参加でした。
献花があり、ホテルの舞台で代表選手のデモンストレーションがあり、全員席に
ついての会食があり、舞妓さんが踊って、あと各テーブルを回って写真 撮影が
ありました。

まことに賑やかというか、豪勢な全国大会でした。
ハンギングバスケットはコンテナーガーデニングに押されて旗色が悪いと思って
いたのですが、なかなか大したものでした。

(お昼にうぞうすいを食べました)


追記
わがパソコンが突然クラッシュしました。寿命の5年です。メールアドレスがすべて失われたのが
痛手です。

101103hbmasterskyoto33gendom

101103hbmasterskyoto36m

101103hbmasterskyoto13m

101103hbmasterskyoto20m

101103hbmasterskyotomaikom

101103hbmasterskyotowarajiyq6


2010.11.04

デーメニ投票

かねて私は<少子高齢化対策>として、出生児に直ちに選挙権を与えることを提唱してきた。
まったく金の掛からない優れた政策である。
私の独自の着想とまでは思っていなかったが、誰に聞いたとの覚えもなかった。
このほどその出所が判明した。

小峰隆夫「人口負荷社会」(日経プレミア 2010/6)によれば、それは「デーメニ投票」というのだそうだ。
<これはアメリカの人口学者デーメニが1986年に提案したもので、子供が有権者の年令に達するまでは、親が子供の代理として投票するという制度である。>

小峰隆夫:1947年生れ 東大経済卒 経済企画庁入庁 日本経済研究センター 国土庁審議官 経済企画庁審議官 経済研究所長などを経て、現在法政大教授>

小峰はこの項の出所として次を【注】記している。
――青木玲子・Vaithianathan(2009)「デーメニ投票は日本の少子化対策になるか?」 一橋大学・経済研究所・世代間問題研究機構による。

こんなところで一橋ですか。 へっへっ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
☆★☆Office-PCC 森下一義 a sailor and a gardener
私の提言―高齢化社会対策として
《出生児に直ちに選挙権を与える》
《未成年者の選挙権行使権を母親に与える》
《鎮痛薬(自殺薬)の販売をもっと自由にする》☆★☆

 

2010.11.01

川奈の浜

行って来ましたよ川奈の浜。ハッハ。

ありました。
海女屋さんのお店のすぐ下の浜に引き上げてありました。
パーカーさんは留守でした。

デッキやコーミングなどきれいにウレタン塗装がしてありました。
マストやリギンも新調したようです。
一応のレストアはされています。

それにしてもねえ。
風が止まれば動かない。
雨、風、露、波飛沫を凌ぐ屋根も無い。
航海灯なしに夜走っていたら漁船にぶつけられますよ。

You are a brave man.

101101kawanaparkerdeai001

101101kawanaparkerdeai007

101101kawanaparkerdeai004

101101kawanaparkerdeai009


花の苗フリーマーケット

昨日のあの嵐が明けての今日の伊豆ガーデニングクラブ「花の苗フリーマーケット」でありました。

一昨日や昨日の午前中ならもう100%中止と思ったのに幹事さんからは何も言って来ない。
よっぽど問合せの電話をしようと思いましたが、妻が「あなたが電話したら圧力になりますよ。電話してはいけません。」と言うからぐっと我慢したのでありました。
今朝になって、時々小雨がぱらついたりしましたが、なんとか挙行出来そうな天気になりました。。
まったく幹事さんの胸中が思いやられます。

そんなふうですから会員の出品物の準備もままならずでしたが、お客さまも少なくて、ほどほどだったと思います。
品物が無いと文句を言われることも多いのです。

今日は珍しい人に会いました。
山木さんのお知り合いのパーカーさんです。
紹介されてお話してヨット乗りと知りました。
それもまあ、なんとK16で日本一周をしているというのです。
K16とは30年も昔の、16フィートの、キャビンもない、エンジンもない、帆かけヨットです。艇名は「出会い Deai」とか。
キャビンがないから炊事は出来ない。トイレもない。わずかに半身を潜り込ませるほどの物入れがあります。
それで日本一周とは!
自転車で日本一周より遥かに厳しい。歩いて一周より厳しいかもしれない。
今は川奈の浜に置いてあるそうです。唯一の取りえが、どこの浜でも漁港でもちょいと無料で置いておけることでしょう。次は今井浜だそうです。
4年計画だそうです。
豪傑というか。向こう見ずというか。面白い人というべきか。

わが家は売り物は雲南さくら草しかなくて、代わりにたくさん買いました。売ったり買ったりが楽しみのフリーマーケットです。
最後の写真はうちの買い物です。

101031igcfreemarket001

101031igcfreemarketpaekerkazu

101031igcfreemarket006


« October 2010 | Main | December 2010 »