« May 2010 | Main | July 2010 »

2010.06.28

薄紙を剥ぐように

「転んだ」の記事には多くのお見舞いを頂いた。
感謝申し上げます。

強がりを言っていたが、実は脇腹の痛みは何日も残った。
当日の午後、近くのY医院に行ったが生憎休みであった。ここはヤブで有名でいつも空いている。レントゲンをとることぐらい、と思ったのだが。
たしか23日が事故で、27日に大事な庭巡りのグループを迎えることになっていた。

私の属する日本ハンギングバスケット協会静岡支部の一行がバスで伊豆オープンガーデンを見に来るのだ。
庭の準備に気が迫く。
実は妻が変な風邪気味で寝込んでいる。やらねばならぬことが山積みである。その間にも雑草は伸びる。
とてもゆっくりと医者に行ってはいられない。

そこへもってきて26日に水戸の大洗で大型ヨットのサーベイ依頼が舞い込んだ。
これぞ本業、断れない。それなりの調査、下準備も必要だ。

痛みは和らぎつつあるとはいえ、ベッドでの寝起き、車の乗り降りには歯を食いしばらねばならぬ。
枝の剪定にも片手に力が入らない。雑草には眼をつぶる。
26日の大洗マリーナで、ヨットの乗り降りは本当に辛かったですね。
そして27日。なんとか1日、バスガイドを務めました。

今日28日。薄紙を剥ぐように、とはよく言ったもので、随分楽になった。
この分なら折れてもいない、ヒビも入っていないだろう。

添付の写真。私の右手にご注目あれ。
小さなハンマー1本。これが私の商売道具である。
これで船を叩いて音を聞くサウンデイングがマリンサーベイである。
医者が胸に手を当ててとんとんと叩き、聴診器で音を聞く。あれですよ。

100626surveyooaraiy33s025l

プレジャーボートのサーベイでは伝統的に外観のみから観察し、構造を剥がしたり材質を分析したりしない。
打診、聴診は行うが血液検査、組織検査は行わないのである。
さしずめ非破壊検査などやれば文句はないのであろうが、プレジャーボートのサーベイにそれだけ金をかける人はいない。

 


2010.06.24

転んだ

昨日の朝、犬の散歩の途中狭い道でトラックに追いかけられる形になった。
ロビーは田舎の仔でトラックを怖がる。
端に寄ってやり過ごせば済んだのだが、3メートル先に退避出来る余地が見えたので、そこまで急いで走り出した。

そして足をもつれさせて、左脇腹を下にものの見事に転んでしまった。
雨中で傘をさしている、ご用のバケツを提げている、ロビーはやみくもに走る、そして私の足は動かない。転倒。
肘は擦りむく、肩は打つ、脇腹は痛む、指からも血が出る。酷いめにあった。
ロビーは見えなくなったが、50m先の曲がった先で待っていた。

お昼過ぎまでは息を吸っても痛む状態だったが、いまはいくらか治まった。
明日の朝まで痛むようなら医者に行かねばなるまい。折れていないことを祈る。
参った。参った。

10数年前、鳥羽から三崎までのヨットレースで、キャビン内にいていきなりのブローチングで振られ、背中を強打したことがある。
この時は息が詰まり口が利けなかった。
肋骨どころか背骨を折ったのではないかと覚悟した。
結局石廊崎沖から三河御津マリーナまで戻り、それから病院に行ったのだが、幸い肋骨3本にヒビが入っただけで済んだ。

3年前にはやまももの木から梯子転倒して肩の骨を折った。
身体が固くて骨も堅いんだな。

100408sakuranosatorobie006


2010.06.22

ウチョウランとバラ

今日の庭です。

ウチョウランが見事に咲きました。
特に集めているわけではありませんが、だんだんに溜まります。
だんだんに根が太って花が多くなります。
山野草の管理はだいたい妻の領分です。
100621mguchouran002

100621mguchouran008


バラが幾つか咲いています。
これまであまり気にもしなかったのですが、だんだんバラの名前を覚えるようになりました。
今日の写真は、<パパメイアン><サマーレデイ><ゴールデンウイング><デインテイ・ベス>の順です。
植えたばかりの株が多く、”こんもり”と拡がってはいません。

100621mgrosespapamayan002

100621mgrosespapamayan003

100621mgrosespapamayan005

100613mgflowersdaintybeth001


2010.06.19

アンデイ&ウイリアムズ-ボタニックガーデン

昨日は伊豆ガーデニングクラブの行事で、群馬県太田市のアンデイ&ウイリアムズ・ボタニックガーデンに行って来ました。
45人乗りのバスがほぼ満席で、賑やかな楽しい旅行でした。
皆がかねて行きたいと思っていながら、伊豆からでは遠くて行き兼ねていたガーデンです。
ホームセンター-ジョイフルホンダの併設ガーデンです。

それにしても滞在時間2時間45分、往復の車中13時間には参りました。
伊豆に住んでいる宿命ですね。

ガーデンは、まあ見応えのあるガーデンではありましたが、度肝を抜かれるほどの衝撃はありませんでした。
蓼科のバラクラほどのセンスはありませんし、ハウステンボスの規模はありません。
部分的には浜松や熱海のローズ&ハーブガーデンの方が好ましいところもあります。
松江イングリッシュガーデンと宝塚ガーデンフィールズがイングリッシュガーデンを謳っていますが、ネットで構内案内図を見る限りではA&Wの方が植栽部分は広いようです。

いずれにしろ、物知り花知りのIGCの仲間との庭巡りは楽しさ一杯でした。
たくさん写真を撮り、メモを書き、苗を買って帰りました。

Andywilliamsgardenpanph

Map

100618andywilliamsgarden011

100618andywilliamsgarden020

100618andywilliamsgarden003rockrose


2010.06.17

スイスの思い出

ワールドサッカーでスイスがスペインを破った。
番狂わせである。快挙である。

そのスイスのチームに色の黒い人が何人かいた。
私はそこからカルタゴを連想した。

はるか昔、ハンニバルに率いられたカルタゴの軍団が象とともにアルプスを越えた。
あのスイスチームの戦士はその末裔に違いない。

ついで同じく遥か昔、高校時代の運動会の出し物にハンニバルを担いだことを思い出した。
われらが同級生に馬に乗る娘がいた。
昭和27、28年当時のことである。どれほどの女丈夫であったか判るだろう。
その彼女に馬に乗って来てもらい(高校の運動会の会場に生きた馬に乗って来てもらったのですぞ!)、彼女をハンニバル将軍に見立てて我々はタケミを盾にした兵士になってパレードしたのであった。
彼女の名前は近藤さんといった。

このパレードのプロデユースは不肖森下であった、と言っても異論は出るまい。

 

年寄り仕事

1500坪ほどの庭園の再生について提案を求められた。
クローズして数年経った営業施設の庭の再生と今後の維持管理の提案である。

荒れた広い芝生があり繁り過ぎた樹木があるので、かねて付き合いのある造園屋さんに手伝ってもらうことになる。
一応アイデアをまとめて提出したが、いい感触であった。
本社と相談するとのことであった。わずか7年で年商300億を売り上げる元気な会社である。
契約出来れば嬉しい。

植栽は植え替えや花がら摘み、水遣りなどの負担の少ない宿根草・ハーブに限定した。
宿根草は花のない時季があり、簡単に植え替え出来ないのが問題である。
デザインの見せ所である。
ここで<防根透水ポット>を使うことを考えている。

提案書を出したとたんに、マリンサーベイの仕事が舞い込んだ。
大洗で大きな中古ヨットの鑑定である。
楽しいね。

元気であればいろいろやれる。
わが年寄り仕事はどれも給料をもらって覚えたものではないのが自慢である。

 

2010.06.14

洋ランの植え替え

遅れていた洋ラン類の植え替えを行った。
カトレアやシンビやエビデンドラムや、かれこれ30鉢近くになった。
デンファーレは咲いている最中なのでやらなかった。

植え替えの方法はいい加減である。
鉢から抜き出して、根の回りを洗って、新しい水苔で巻いて、また鉢に納める、だけである。
誰に習ったかも忘れたが、これで失敗することは滅多にない。洋ランはよほど丈夫な植物だ。
カトレアなど、頂いてからもう10数年咲かせている。

でも夫婦で30鉢もやるとフウーッとなる。

ついでにここ数日の我が庭の花の写真を載せます。

100612mgsimbi002

100613mgflowersdaintybeth002
バラ(デインテイ・ベス)とギガンチウム

100613mgflowerskyouganoko002
京鹿の子

100613mgtororoaoi
トロロアオイの第一花

100613wpokura001
<防根透水ポット>に植えたオクラ

100613mgflowersabutiron002
黄色のアブチロン

100613mgflowers003
すいかづら

 

2010.06.11

高校の同級生

100611nagamotolifework001

高校時代の同級生から写真の本をもらった。

私はこの本を前にして何とも発すべき言葉がない。

若い頃の付き合いは、将来何をする人かまったく判らないままに付き合うからいいんだな。

(小田君は京大の印哲)

 

<防根透水ポット>の売れ行き

アマゾンの一般商品通販に出品した。
(アマゾンのサイトに入って<防根透水ポット>もしくは<植栽ポット>で検索してみて下さい)
古本を何度か売ったことがあるのと、毎月の家賃が安いのがアマゾンに出した理由である。
出品して10日あまり、2件の注文があった。
2件が多いのか少ないのか。
6サイズ出して、それぞれ2000円程度の値付けである。

アマゾンで園芸資材を買う人がいるとも思わなかったのに、10日で2件なら上出来かもしれない。
いま、アマゾンでの一般商品通販(書籍以外の)が急速に認知度を高めているようだ。

アマゾンで売れると手数料をとられる。そのことを書こう。
小口出品だと、手数料は15%+100円/1件である。
大口出品だと、手数料15%と家賃月額4900円である。
キャンペーンで家賃を1年間免除というので大口出品にした。その方がいろんな機能を使えて便利なのだ。
楽天やYAHOOに比べて手数料率は高いが、家賃が安いのが魅力である。

さて<防根透水ポット>LWセットが@2100円で、送料が400円である。アマゾン手数料は送料分にもかかるので、2500円×15%=375円が差し引かれる。
2100円の商品の手取りが1725円となる。

お客さまにとっては一応アマゾンの信用があてになるのと、クレジット登録してあれば送金手数料を払わなくてもすむ。

~~~~~~

話は変わるが「口径10cmのはないか?」との電話問合せがあった。
「作りますよ」というと、「幾らか?」と聞く。
「数は?」と訊ねると、「3500個」。

ふむ。
現在のうちの生産能力は100個/日である。
「うちは家内縫製なのでそんな数量は無理です。」と答えたら「幾つなら出来るか?」というので、「300」と言ったら電話は切れた。

そんなニーズがあるのか。
多分苗の生産者だろう。

そろそろ大量生産の検討に入るべきか。
いやいや。大量生産のロットは10000個である。@50円として50万円。6サイズとして300万円。
やめとこう。置く場所もない。

本当にニーズがあるならよそが大量生産を始めてしまうかもしれない。それも仕方がない。
大口引き合いが5件あったら考えよう。

 

« May 2010 | Main | July 2010 »