« 当世ミシン事情 | Main | 国営昭和記念公園 »

2010.04.10

池の田んぼ

このほど両陛下が伊豆にお出でになり、川奈ホテルと下田須崎御用邸に5日間滞在された。
その1日、「池のさと」を訪問された。

「池のさと」は八幡野の浜からちょっと山に入った、角筈山と大室山の間の池部落の田んぼである。
山峡を部落で長年かかって田んぼに開発したのであろう。
一目で見渡せるほどの広さだ。お百姓ならすぐに何町歩と言えるだろうが。
水源は角筈山で、田んぼの奥はわさび田になっている。
そこから流れ込むのだから水は冷たく、それほど収量の上がる田だったとは思えない。

添付写真に見るように素敵な里山風景である。
初夏には蛍が舞う。
私も10数年前からfavorite place としてよく通った。

ところが7-8年前から休耕田が増え始め、そこに葦が茂って、すっかり荒れて見る影もなくなった。
地元の人は<何か観光事業を・・・>と言い始めた。
私はあまり行かなくなった。

~~~~~~
そこに行幸のニュースである。
しめた、綺麗になっているぞ!
両陛下が6日に行かれたというので、わが夫婦も8日に出かけた。

さすがですねえ。
休耕田は手入れされて荒れた姿は影を潜めた。勿論道路も整備されている。
万々歳!
「この素晴らしい自然環境を守っていって下さい。」とのお言葉を賜ったそうだから、すぐに荒れることはないだろう。

それにしても仕掛け人は誰だったのだろう?

 100406emperorikefield

100408ikefield012
正面が角筈山 またの名 ゲンコツ山

100408ikefield008
遠くに大室山

« 当世ミシン事情 | Main | 国営昭和記念公園 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/48048963

Listed below are links to weblogs that reference 池の田んぼ:

« 当世ミシン事情 | Main | 国営昭和記念公園 »