« 俳句の短冊 | Main | 損害保険料金の値上げ »

2010.04.07

たちあがれ-銀行にて

銀行に行くとまず番号札を取らされる。
そして窓口かロビーの係員が「どうぞお掛け下さい。」と必ず言う。
どうやら立ったまま居られると不都合らしい。防犯上の理由だろう。
余計なお世話だ。

私は必ず言う。
「年寄りはなあ、一旦腰を下ろすと立ち上がるのが大変なんだ。立ったままいる方が楽なんだ。
気軽に”お掛け下さい”なんて言うな。」

最近は私に「座れ」とは言わなくなった。

~~~~~~
話はまったく変わるが、
たちあがれ日本の与謝野馨の顔はひどい痘痕面だ。
きっとばんから高校生活の後遺症だろう。

そこで石川遼君に言いたい。
最近ひどいニキビ面になっているが、偏食ではないのか?
気を付けないと”たちあがれ”面になるぞ。

 

« 俳句の短冊 | Main | 損害保険料金の値上げ »

Comments

「たちあがれ日本党」が、腐敗した民主党を国会で追求するのを楽しみにしている。
石原慎太郎が命名したという党名には、賛否両論があるようだ。
みんなの党に慣れたように、そのうち慣れるのだろう。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/48023966

Listed below are links to weblogs that reference たちあがれ-銀行にて:

« 俳句の短冊 | Main | 損害保険料金の値上げ »