« チリ津波の思い出 | Main | 横浜バラクラ訪問 »

2010.03.01

出光ラグビー部55周年記念大会

昨日はチリ津波、東京マラソン、ラグビー決勝トヨタ対三洋戦、そして出光ラブビー部55周年記念大会と多事な1日であった。

私は第1スポーツはサッカーだが、出光で6年間ラグビーをやった。主将としてオイルメンリーグで初優勝し、3年連続優勝した。
(ヨットは第1とか第2ではなく、第ゼロである。)

55年の間に在籍した人数は250人あまりという。案外少ないなと思ったが、平均5年在籍するとして55年で割れば23人平均となる。そんなものかと思う。
その中で既に退社したOBが100人。このうち同時期にプレイした人数は3分の1程度か。あらためて得難い仲間である。

挨拶の中でいろいろ歴史が語られた。
歴史語りは現役が続いていてこそ意味がある。続きのない組織の歴史語りは単なるナツメロである。


100228rugby55003
日本青年館の佇まいはそれだけで回顧の念を喚び起す。国立、神宮、絵画館、そして秩父宮。何十度となく通った場所である。
特に秩父宮は、この並びに亡父の事務所があり、父はそこで心臓発作で亡くなった。

100228rugby55010
石油タイムズの石田会長のご挨拶が印象深かった。ずっとオイルメンリーグを後援し、55年を支えて下さった。

100228rugby55012
勢揃いする現役部員。

100228rugby55016
トロフィー類。地味だね。

100228rugby55021
発足時の石油各社の協賛広告。このうち今に名の残る会社が幾つあるか。
往時茫々である。

« チリ津波の思い出 | Main | 横浜バラクラ訪問 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/47696787

Listed below are links to weblogs that reference 出光ラグビー部55周年記念大会:

« チリ津波の思い出 | Main | 横浜バラクラ訪問 »