« 横浜バラクラ訪問 | Main | 電子申告 »

2010.03.09

浜松立体花博の現状

今朝の朝日新聞「静岡・伊豆岳南」版に、浜松立体花博の現状の記事が出ていました。
署名記者の馬場由美子氏は多分静岡か浜松支局勤務なのでしょう。

同博は09・9・19―11・23に浜松フラワーパークで開催され、86万人(当初目標80万人)の入場者を達成し、関係者は成功と評価しているようです。
浜松市は100近くあった作品のうち10作品を残して展示継続することを決めたそうです。
私は10でも残してくれたことが嬉しいし、どの作品を残したのか知りたい気持ちで一杯です。
次のシーズンにはどんな植物で飾られるのか、楽しみで待ち遠しい。

ところでこの記事は「無残」「朽ちたまま放置」とタイトルされ、現状を厳しく批判しています。
<菜の花の鮮やかな黄色、紅白の梅のかたわらに真っ茶色に枯れ果てたオブジェが佇む>、<アルテルナンテラはすべて枯れ、ひからびた葉は茎と区別がつかない状態>
要するに枯れた作品を放置していると非難しているのです。

馬場由美子氏は何を求めているのでしょうか?
1年中盛りの花や葉で飾られている状態を求めているのでしょうか?

こんな記事を書く新聞記者は、何か他のことでも大きく間違うのではないだろうか。

100309hamamatsurittaihakunow1

100309hamamatsurittaihakunow2


« 横浜バラクラ訪問 | Main | 電子申告 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浜松立体花博の現状:

« 横浜バラクラ訪問 | Main | 電子申告 »