« 年賀状の枚数 | Main | ツイッターとGoogle »

2010.01.07

ツイッターはつんぼの早耳

さるブログ評論家が、<ツイッターをやり出してから他のメデイアが不要になった>と豪語していた。
<どんなテレビよりも、ニュースサイトよりも、ブログよりも、ツイッターがいち早く世の動きを伝えてくれる。ツイッターが世の中を変える。>のだそうだ。

馬鹿じゃないか、この男。

世の中、誰もがツイッターをつぶやきながら仕事をしていると思うのか?
ツイッターを見続けている人間に、どんなツブヤキが出来るというのか?

鳩山首相のツイッター開始に関して、加藤紘一が<首相は一番ツイッターなんかやっちゃあいけない立場の人だ>と言ったというが、けだし正言である。

<勝手つんぼ>あるいは<つんぼの早耳>という言葉がある。
自分に不都合なことは聞こえず、都合のよいことだけは聞こえる耳のことだ。またはよく聞こえないのに聞こえたふりをして早合点することをいう。
<ツイッター>と聞いたら、<つんぼの早耳>と思えばよい。

 

« 年賀状の枚数 | Main | ツイッターとGoogle »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/47228364

Listed below are links to weblogs that reference ツイッターはつんぼの早耳:

« 年賀状の枚数 | Main | ツイッターとGoogle »