« 総選挙-三題 | Main | 空葬のすすめ »

2009.09.04

慶弔規定

昨日は伊豆ガーデニングクラブの幹事会であった。
現在会員数84名であるが、そのうちの約20名が各分科会の幹事や会計など役割を担っている。
その幹事会でクラブの運営を行っている。

昨日のメインの議題は下期の行事予定の検討であったが、もう1つ重要な議題があった。
クラブの慶弔規定である。
これまでも一応の不文律はあったのだが、私が不在のことなどあり明文化することになった。
会員死亡の際の花篭、弔電などである。

会員の高齢化が進み、いつ誰の身にふりかかってもおかしくない。
かつ、現役を離れて長い時間がたつと世間との繋がりは薄くなり、「伊豆ガーデニングクラブ」の花篭は故人の活動の証としての重みを持つのである。おろそかには出来ない。
一方、年間2000円の会費だけでやっているクラブにとって、花篭代、弔電代の負担は大きい。
難しい議論であった。

参列する各個人の香典についての議論も出た。
地元町内でのお付き合いの場合の標準は1万円だそうだが、ガーデンクラブの付き合いは浅く薄いものだ。しかも収入はない人たちだ。
結局多数決で基準を3000円~とした。


長らく政権与党であった自民党に落選議員への慶弔規定はあるのだろうかと、ふと思った。

 

« 総選挙-三題 | Main | 空葬のすすめ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 慶弔規定:

« 総選挙-三題 | Main | 空葬のすすめ »