« 空葬5-葬儀 | Main | 千葉県庁不正経理と横路議長問題 »

2009.09.12

徳利と盃

090912tokuric

今朝、「美の壷」という番組で<徳利>と<盃>を取り上げていた。
それで思いついてダイニングの食器棚にあった<徳利>の写真を撮った。

どれも私が現地で買ったものである。
黒薩摩はたしか沈寿官の窯である。まだ司馬遼太郎が「故郷忘じがたく候」を発表する前であった。
残念ながら私がこれらに酒を充たすのは年に数回しかない。

ぐい飲みの類は笊に一杯あるが、それほど愛着はない。

誰に云われたか、あるいはどこかで読んだか、「酒をグラスやぐい飲みで呑むのは邪道で、本来猪口で飲むべきである。」と諭されたことがある。
若い頃酒が弱くて苦しんでいたが、ある座敷で幇間に「酒に強くなるにはどうしたらいいか?」と聞いたら、「猪口一杯の酒を三口に分けて飲みなさい。」と教えられた。
結局強くはならなかった。

 

« 空葬5-葬儀 | Main | 千葉県庁不正経理と横路議長問題 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/46191825

Listed below are links to weblogs that reference 徳利と盃:

« 空葬5-葬儀 | Main | 千葉県庁不正経理と横路議長問題 »