« 伊東温銭と地域通貨と政府貨幣 | Main | 琥珀磨き-集団指導 »

2009.08.07

究極の捕らぬ狸

いよいよ某学園の団体琥珀磨きが近づいてきた。
その場ですぐに説明して作業に入れるように、レジメを作ったり、一式セットにして袋詰めにしたり、会場を下見に行ったり、下敷きとか雑巾とか水皿とか爪楊枝とか小物を用意したり、(妻はお茶菓子の用意までしたりして)、忙しいことである。

今日は代金の精算がすぐに出来るように万円札を5千円札、千円札、500円玉、100円玉に両替してきた。
究極の捕らぬ狸の皮算用である。

しかし商売は楽しいね。夫婦して若返ります。

 

« 伊東温銭と地域通貨と政府貨幣 | Main | 琥珀磨き-集団指導 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/45862062

Listed below are links to weblogs that reference 究極の捕らぬ狸:

« 伊東温銭と地域通貨と政府貨幣 | Main | 琥珀磨き-集団指導 »