« 「花のガーデンリスト」作成着手 | Main | 手鑑「翰墨城」 »

2009.03.05

小沢問題と小沢提案

090305mooringlinenormals

民主党小沢代表の足元が炎上中だ。
これからどうなるか判らない。

判らないうちに書いておく。
彼が言った「米軍のプレゼンスは第7艦隊だけでいい。」は時宜を得た卓見だし、まさに政治家のなすべき発言である。
米国務長官と会談後の発言というのも素晴らしい。
これが政治家というものだ。

日本の右も左も度を失った。
右はアメリカおじさんの寵を失うぞ、放り出されるぞと慌てふためくし、左は再軍備か?と眼鏡の奥の老眼をしばたく。
いつまでアメリカにくっついていて、どうなろうかと、いささかでも考えているのだろうか?
二世三世の政治屋には親戚の庇護なしの生活は考えられないし、そもそも考える気もない。
左は脳が老化している。

新聞はどう論評していいか判らないから敬して遠ざかる。
TVはそもそも扱わない。
雑誌の来月号がどう書くか?

私は船乗りだからこんな絵を描いた。
1.は通常の係船図である。舟は安全のために港でこのように繋ぐ。
2.は日本とアメリカの現状図である。日本はこのように縛られて安全を図ったつもりでいる。
3.は小沢提案である。見よ、舳先の向け先はより自由を獲得し、船体はより安定した。

そもそも繋いだアメリカを大地と思うから間違うのだ。
あちらも船だ。船同士で抱き合っているのだ。
緊縛は却って安定を損なう。スプリングライン1本を残しておけばいい。

090305mooringlinetoday_2

090305mooringlineozawaproposal


« 「花のガーデンリスト」作成着手 | Main | 手鑑「翰墨城」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/44250837

Listed below are links to weblogs that reference 小沢問題と小沢提案:

« 「花のガーデンリスト」作成着手 | Main | 手鑑「翰墨城」 »