« 伊豆オープンガーデンの準備 | Main | 世代間戦争7-「日本人はどこまで減るか」 »

2009.01.22

朝青龍の懸賞

朝青龍が自分の取組みに自分で懸賞を出している。
チャンコ屋の宣伝で<Blue Dragon>と刺繍がしてある。
今のところ自分が取っているようだ。

それで思い出したことがある。
棚から引っ張り出してみたら<昭和40年10月24日>の日付である。
<明子杯  伊豆国際>の文字。

その直前、10月5日に娘明子が誕生した。
ちょうど出光営業部若手(役職以外)のゴルフコンペがあり、そこに私が「4等賞に・・・」と言ってこのトロフィーを出したのだった。嬉しさに舞い上がってそんなことをしたのだった。。
たまたま私が4等になって入手したのでここにある。

考えてみたら随分不遜な仕儀だ。並み居る先輩に対して、自分の個人的な喜びの記念品を懸賞として出すとは何たる跳ね上がりか。
誰がそんなもの貰って喜ぶものか。
若気の至りとも言えない。今も変わらぬ私のおっちょこちょい振りである。
トロフィーに金一封を付けたのならともかく、そんな気配りはさらさらなかった。

自分で取り込んだだけ恥が少なくて済んだ。

2009_0122090122kenshou0006

« 伊豆オープンガーデンの準備 | Main | 世代間戦争7-「日本人はどこまで減るか」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/43820940

Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍の懸賞:

« 伊豆オープンガーデンの準備 | Main | 世代間戦争7-「日本人はどこまで減るか」 »