« 100年に1度の危機 | Main | 100年に1度の危機-2 »

2008.12.07

河津の木村屋敷

伊豆新聞に「木村屋敷-公開」の広告が出ていたので行ってみた。
~~~広告文~~~
当木村屋敷には昭和初期に造営された建築の粋を集めた数少ない木造モダニズムの建物が現存して居ります。
三菱大財閥の三代目総帥木村久寿弥太氏の昭和初期のテロ騒動時の隠れ屋敷でした。
貞明皇太后様、秩父宮妃殿下を始め皇族の方々や多くの著名人のご来訪のあった由緒ある屋敷です。・・・・
~~~~~~

場所は河津の桜堤とバガテル公園の中間あたり。
3000坪の庭というが、周辺は藪で、建物前面の池、滝および大石が庭の面影を留めている。
ちょうど見頃の紅葉があったが、日を追って盛りの紅葉を楽しめるように何本も配植されていた。

建物の中心は4畳半の茶室である。大寄せ用の広間もあり、水屋、納戸がある。待合は朽ち果てたのか姿がなかった。
2階は客用の寝室(和室)か。この土地内に温泉はない。
この当時(昭和初期)、まだ河津桜もない時代、はるばるここまでやってきた客は茶以外に何を楽しんだのだろう。

木村氏は三菱の事務員から総帥にまで登りつめた人であるという。
日本工業倶楽部の創設に関わり、後に理事長を務めている。

屋敷は長らく銀行の担保として荒れたままになっていたが競売にかけられ、落札した業者から現在のオーナーが昨年購入したという。
そして畳表を取り替えるなど一応の手入れをして公開に及んだ。
お茶(ロイヤルコーヒー600円)をよばれてオーナーとちょっとお話をしたが、当方建物についての造詣はまったくないので話の種がなかった。

今後公開を続けるのも大変だろうと思った。

081206kawadukimurayashiki001

081206kawadukimurayashiki002

081206kawadukimurayashiki004

081206kawadukimurayashiki005

 

« 100年に1度の危機 | Main | 100年に1度の危機-2 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 河津の木村屋敷:

« 100年に1度の危機 | Main | 100年に1度の危機-2 »