« ワークシェアリングと出勤調整 | Main | 世代間戦争のこと »

2008.12.19

風のガーデン

081219kazenogarden

連続TVドラマ「風のガーデン」を見た。タイトルにつられて見た。
全11話だったそうだが、殆ど見た。
夜10時からのドラマでは私も妻もとても見られないので、録画して見た。

花の名前をあてるのが楽しみだったが、なんだか、春の花も、夏の花も、秋の花も、みんな一緒に咲いていてすごかった。
富良野で撮ったのだと思うが、富良野がどういうところか知らない。
このドラマの撮影のために数年前からガーデンの造成にかかっていたという。
撮影も花に合わせてのタイミング調整が多かったという。

このドラマのシナリオが単行本になって出ている。
「風のガーデン」 倉本聰 理論社 2008/9刊 337ページ 1680円
またドラマで出てくる花言葉(倉本聰の創作)も本になっている。
「風のガーデン-貞三先生の花言葉365篇」 倉本聰 エフジー武蔵 2008/11刊 385ページ 1300円

癌で死んで行く医師が主人公。
そして主役の1人の緒形拳が撮影直後に死去。

倉本聰はどういうつもりでこのドラマを書いたのだろうか。
緒形拳は撮影中、己の死期を知っていたのだろうか?

 

« ワークシェアリングと出勤調整 | Main | 世代間戦争のこと »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/43467300

Listed below are links to weblogs that reference 風のガーデン:

« ワークシェアリングと出勤調整 | Main | 世代間戦争のこと »