« 風のガーデン | Main | 世代間戦争2-金蔓としての後期高齢者 »

2008.12.22

世代間戦争のこと

私が愛読している「小池信夫blog」に、ショッキングな記事が出ている。
<世代間戦争>

これから生れてくる日本人は、生涯に自分が受取る年金よりも7200万円も多く税金・年金を支払わなければならないという。

当然ながら多くのコメント、トラックバックが寄せられている。
私も次のコメントを書いたが、「禁止ワードが含まれている」として投稿を拒否された。

~~~~~~
私は後期高齢者に近い年令です。

望むらくは、
1.モルヒネなどの痛み止めを、薬局で買える一般売薬にしてもらいたい。
2.老人が楽に死ねる薬を楽に入手出来るようにしてもらいたい。

薬局で買える年令を後期高齢者としたらいいのです。
国の医療費総額は格段に減るでしょう。
今の社会は、国家権力は、人が自ら死ぬ自由を制限しています。死なれたら困る人々が多いのでしょう。
~~~~~~


« 風のガーデン | Main | 世代間戦争2-金蔓としての後期高齢者 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/43497108

Listed below are links to weblogs that reference 世代間戦争のこと:

« 風のガーデン | Main | 世代間戦争2-金蔓としての後期高齢者 »