« 河津の木村屋敷 | Main | 石油の物々交換 »

2008.12.08

100年に1度の危機-2

先に<サブプライムローン危機がなんぼのものか>と書いた。
ただしその結果現在の国際金融制度(ブレトンウッズ体制)が崩れるようなら、なんぼかのものになる。
私としてはドルの一極支配体制は崩れてもらいたい。

WTCビルの崩壊。
イラクでの実質敗戦。
サブプライムローン危機。
黒人大統領の登場。
こう続けばひょっとするかもしれない。

戦後20年以上、石油の輸入には外貨割当があった。
出光は役人OBは1人も引き取らず、生産調整をはじめ通産行政には徹底して反抗した。石油業法に反対して石油連盟を脱退したこともある。
だから割当には常に泣かされた。
ドルに恨みは数々ござるのだ。

 

« 河津の木村屋敷 | Main | 石油の物々交換 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/43359963

Listed below are links to weblogs that reference 100年に1度の危機-2:

« 河津の木村屋敷 | Main | 石油の物々交換 »