« 伊豆ガーデニングクラブ-10年目の重大事件 | Main | 水軍物語 »

2008.08.01

12メートルの立花

「江戸の花競べ」(小笠原左衛門尉亮軒 青幻舎 08・4刊 1800円)を読んだ。

江戸期の花に関する出版文化の紹介もあり、元禄時代に出た「新撰五十瓶図」の中の1図に魂消た。
元禄5年3月8日(1693)、南都東大寺に供花された立花の図が出ている。
この松?の活け花の高さは3丈2尺、花瓶の高さは7尺5寸という。合わせて12メートルを超える。
活けたのは池坊社中とされるが、どのようにして活けたのか、その技術は未解明という。

12メートルと言えばビルバオのパピー(1992)と奇しくも同じ高さである。
しかし300年の時差がある。
なんとなく愉快になるではないか。

080801rikkazutoudaiji12m

« 伊豆ガーデニングクラブ-10年目の重大事件 | Main | 水軍物語 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12メートルの立花:

« 伊豆ガーデニングクラブ-10年目の重大事件 | Main | 水軍物語 »