« 復興支援 | Main | WBCの監督 »

2008.08.30

反プラス思考論

昨今「プラス思考」とか「ポジテイブ・シンキング」とかが大流行だ。
その手助けをする「メンタルトレーナー」とやらが出現して、その「メンタルトレーナー養成講座」が隆盛を極めている。

特にスポーツ界で受け入れられているようだ。
オリンピックでの選手インタービューで、誰もが口を揃えて「楽しんでます」「勝ちます」と言うのはそのトレーニングの結果らしい。
それで「上がらない」で、「精一杯の力が出せる」のだそうだ。

私は「プラス思考」の流行がどうも胡散臭くて嫌いである。
どこが嫌いか、考えてみた。
・プラス思考は他人の言うことを聞かないことで成り立つ。
・プラス思考は自分が傷つくことを怖れて他者を省みない。
・プラス思考は弱者への思いやりがない。
・プラス思考は歪な完璧主義である。
・プラス思考は現実逃避である。

プラス思考で勝てるのなら選手もメンタルトレーナーもハッピーで結構なことだ。
しかし結果として北京オリンピックは負け優勢だった。

プラス思考でやったからこれだけやれた、と考えるのがプラス思考かな。

 

« 復興支援 | Main | WBCの監督 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/42328041

Listed below are links to weblogs that reference 反プラス思考論:

« 復興支援 | Main | WBCの監督 »