« 恋する瞳 | Main | 伊豆ガーデニングクラブ-10年目の重大事件 »

2008.07.15

ブログの利用理由

ブログの32%がアダルトサイトなどに誘引するためだけの立て看板サイトだという。
ショッピングサイトへの誘引看板を含めれば60%にもなるのではないか。
誰がそんな立て看を作っているかと言えば、<暇な人間>であろう。もらえるかもしれないはした金を求めて。
いや時には地主が立て看板を立てるかもしれないぞ。銀行がサラ金へ誘導とか。
しかし普通は仕事のないホワイトカラー、友達のいない若者、家庭の主婦、中央省庁もしくは末端出先・天下り先の役人だ。
真ん中の役人(県庁、市役所、役場など)は忙しそうだが。

私がブログに戯れ言を記す理由は3つである。
1.公表する媒体であるため、多少の緊張感を伴う。
2.記録と検索の機能がある。
3.リンクの機能がある。
日記帳よりは便利だし、続けられる。
目的意識はほとんどない。

しばらく前から情報を得るための検索には<-ブログ>(ブログを除く)と入れるのが心得になっているが、ここまでになってくるとブログの存在意義が問われる。
解決策の1つがSNSだっただろうが、それとてだいぶ侵食されているようだ。
昔の新宿駅の伝言板は時間が経てば駅員が消してくれたが、ブログは消す人がいない。
ゴミ箱は一杯になればゴミ箱でもなくなる。

スパムメールの氾濫で電子メールシステムの根幹が揺らぐほどの事態になっているようだ。
そのうちに利巧な人がまたいいものを作ってくれるだろう。

 

« 恋する瞳 | Main | 伊豆ガーデニングクラブ-10年目の重大事件 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/41840862

Listed below are links to weblogs that reference ブログの利用理由:

« 恋する瞳 | Main | 伊豆ガーデニングクラブ-10年目の重大事件 »