« 円高歓迎の理由 | Main | トピアリー研究の中間報告 »

2008.03.18

ホールディングスで行こう

わが友人のN氏が、自分の事業グループに<AAA Holdings>の名称を付けた。(Aは当て字)
これは素晴らしい着想だと思う。

事業グループといっても彼は個人事業者である。
ネット主体で商売をしている。いろんなことに手を出している。
うまくいくものあり。ぽしゃったものあり。
いくら間口を拡げてもネット上だから殆ど資本投下は要らない。
互いに関連のないそれぞれの仕事を、このほど彼は<AAA Holdings>の名のもとに統合した。
素晴らしい!

実は私も個人事業者である。
好きなことだけをやっているうちに、互いに全く関連のない仕事が並立して頭がおかしくなった。
世間との媒体はネットだけで、1つで年間数千円しかかからないのだから止め処がない。(さすがに完全無料のは使っていない)
かくしてマリン関連、ガーデン関連、琥珀(これは妻の事業だが)と、幾つものサイトを運営するはめになった。
そもそもお前は何者だ?、HP作成業者か? の気分になってくる。

おう! <Holdings>!
私も自分の事業グループを<PCC Holdings>と名付けよう!
PCCとはパシフィックカレント・コーポレーションの略。パシフィックカレントとは黒潮のつもり。
屋号だから何と付けようが勝手次第だ。

はてなやウイキによれば「ホールディングス」とは持ち株会社のことだそうだ。しかし商法に規定された用語ではない。
英語のholdings に持ち株会社の意はない。

予言しよう。
世の中、そのうちに「ホールディングス」だらけになるよ。
調子いいもん。

« 円高歓迎の理由 | Main | トピアリー研究の中間報告 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/40545979

Listed below are links to weblogs that reference ホールディングスで行こう:

« 円高歓迎の理由 | Main | トピアリー研究の中間報告 »