« ヨット用語集4-なんと3冊目! | Main | シベリアからインドまで歩いた物語 »

2007.12.29

稲取の金目鯛

朝早くリハビリの順番をとるために病院の前で並んでいると、だんだん常連の顔を覚えてくる。
彼女等・彼氏等の話は素晴らしい情報源だ。
その中に<キンメは稲取>というのがあった。
金目鯛は稲取が一番というのだ。普通下田が本場だが、稲取のが絶対に旨いという。

何キロも離れていない同じ海だと思うのだが、どこか違うのだろう。彼女等の話に嘘はない。
今朝稲取の朝市に行ったら出ていなくて、漁協に行って辛うじて間に合った。
大きなのを仕入れた。まだ食べていないが脂が乗って腹のあたりが白く見える。

大分の<関サバ>ではないが、そのうちに<稲取の金目>はブランドになるぞ。

071229inatorikinme


« ヨット用語集4-なんと3冊目! | Main | シベリアからインドまで歩いた物語 »

Comments

稲取漁協で3800円で買ったのと同じくらいの大きさの金目が、今日近くのスーパーで4500円だった。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/17513298

Listed below are links to weblogs that reference 稲取の金目鯛:

« ヨット用語集4-なんと3冊目! | Main | シベリアからインドまで歩いた物語 »