« 高層マンションの鉄筋手抜き-S社 | Main | 花ちまき »

2007.11.13

駅で転んだ

今日、川崎駅で転んでしまった。
料金精算機から改札に歩き出した途端に何かに躓いて派手に転倒した。
左肘から落ち、胸と膝も打った。
躓いた物はカバンである。中身の膨れた紳士用のカバンが床にあった。
あまりの転びように、駅員が数人駆け寄ってきた。
どうやらカバンの持ち主は精算機に取り組んでいる60代後半のおじさんのようであった。
私はカバンを思いっきり蹴飛ばして、駅員を制してその場を去った。

教訓
街に出ればいつどこでどんな災難が降ってくるか分からない。
年寄りはすぐ転ぶ。
(実を言うと打ったところが少し痛む。妻には言えないが。)

~~~~~~
ところで私がどうして川崎駅にいたか?
妻を出迎えに行ったのである。
妻は市立川崎病院で乳ガンの手術をし、今日退院であった。
早期発見で、手術経過も順調で、あまり心配はしていない。

何故川崎病院か。
これは話せば長い物語になるので省略する。
結論として妻の幼馴染が脳外科医として在籍している川崎病院での手術となった。

071112kawasakibyouin_001


~~~~~~
退院祝いは、
苞が赤いバラそっくりな新種のポインセチア<ウインターローズ>の鉢と、
御殿場アウトレットで見付けたジノリの新柄の皿  であった。

071113winterrosecattelea_003h

« 高層マンションの鉄筋手抜き-S社 | Main | 花ちまき »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/17061568

Listed below are links to weblogs that reference 駅で転んだ:

« 高層マンションの鉄筋手抜き-S社 | Main | 花ちまき »