« ジャパン・ガーデンショー | Main | 臍出しと女難 »

2007.10.05

「屏風-日本の美」展 サントリー美術館

ビッグサイトのジャパン・ガーデンショーの帰りに「屏風・日本の美」展(サントリー美術館)に行った。
乃木坂から歩いたら一番とっつきがGalleriaとかいうサントリー美術館の建物で、せっかくの東京ミッドタウンを感じる間もなかった。帰りも時間に追われたし。

屏風とか襖絵は大きくて場所をとるから滅多にまとめては見られない。
私の尊敬するいづつやさんによれば10年に1度の展示だそうだ。
確かに素晴らしかった。
ただ私にはよく見えなかった。近眼とか遠視ではなく、視力が弱っているのである。ぎりぎりガラスに顔を寄せないと絵が見えない。
いいものは若いうちに見ておかないと駄目だなとつくづく思った。年をとっての展覧会見物は若い記憶の追認でしかない。

急ぎ足でまわっただけだから見当違いかもしれないが、サントリー美術館は感激しなかった。美術館として建てたのではなく、建物の一部を美術館に使っている感じだった。
照明も弱い眼には暗すぎた。
帰りがけ、販売中のカタログを開いてみたら現物よりずっと明るく写っている。これなら、と思って購入した。
すごくよく出来たカタログだ。金色のケースに入っている。ところが巻末には「制作-エディタス」「発行-日本経済新聞社」とあるだけで、カメラも印刷所も出ていない。

いろんなショップがあったが田舎者には何の店かすら判らなかった。

添付写真は「賀茂競馬図屏風」(クリーブランド美術館蔵)である。
071004biombokamonokeibabyoubuesunto

« ジャパン・ガーデンショー | Main | 臍出しと女難 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/16669890

Listed below are links to weblogs that reference 「屏風-日本の美」展 サントリー美術館:

« ジャパン・ガーデンショー | Main | 臍出しと女難 »