« August 2007 | Main | October 2007 »

2007.09.29

長井健司氏とラッパ

ミャンマーで殺されたジャーナリスト長井健司氏の手には死んでもカメラが握りしめられていた。

この映像を見て思ったこと。
<木口呼兵は死んでもラッパを口から放しませんでした>

本歌どり-やまもも

毎日リハビリ病院で待つ間、「名歌で読む日本の歴史」(松崎哲久 文春新書)を読んでいる。
松崎哲久は1950年生れ。東大、ハーバード院卒。縁戚・姻戚のつながりで自民党総裁秘書などを経て、新進党・民主党の代議士となり現在落選中。埼玉10区。
「名歌で読む・・・」は素晴らしい本だ。歌に関するいろんなエピソードを幅広く拾っているが、政治家だけに権力争いにまつわる記述や視線が深く鋭い。
現役の政治家で、この若さで、この精進と博識は感服するばかりだ。

~~~~~~
出でて去(い)なば主(ぬし)なき宿となりぬども軒端(のきば)の梅よ春を忘るな   源実朝

実朝は修善寺に幽閉された兄頼家の後を継いで3代将軍となった(12才 1203)。
27才の時右大臣に昇任し、鶴岡八幡宮で祝賀の式が催される。この歌はその朝、家を出るときに歌ったものとされる。
そして退出の際、公暁に刺殺される。公暁は頼家の遺児で、実朝を倒せば自分が将軍になれると唆されていた。

この歌は「新古今和歌集」にある式子内親王の次の歌を本歌としている。
詠(なが)めつる今日はむかしになりぬとも軒ばの梅よ春を忘るな

さらに菅原道真の<東風吹かば匂ひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ>を踏んでいる。
大宰府に流される前の菅原道真は右大臣であった。実朝はそれをも意識していたであろう、と松崎は書く。

世界のそれぞれの文化において、それぞれに比喩・隠喩・暗喩・押韻・・・を駆使しての歴史記述や文学表現があるのだろうが、わが国の<歌枕>や<本歌どり>の技法・伝統はやはり世界に冠たるものではないかと私は思うのである。

~~~~~~
これだけの著述を書く松崎哲久とはどんな人間かとネットで猟ったが、政治的経歴も本人のHPも大したことなかった。
私の<尊敬する人物>リストに入れない。

~~~~~~
庭のやまももの実りてリスに食わるるを口惜しとて、主ハシゴに上がりて採りけるに、
落ちて肩の骨を折りて詠める

主(ぬし)落ちてリスの天下となりぬども軒のやまもも春を忘るな   黒潮丸

2007.09.25

孫歌は作るな

以前、<10年に1度くらい短歌の本を買う>と書いた。「レインメーカー」04/7/7
10年に1度はオーバーだが2-3年に1度くらい買う。
だから短歌雑誌の広告もたまに目に留まる。

新聞に「短歌」(角川)10月号の広告が出ていて、特集のタイトルが<孫歌はつくるなと言われるが、孫をどう詠むか>だった。
<孫歌>も<孫歌はつくるな>も初めて聞く言葉だし、私には孫を詠む気はさらさらない。
それほど気持ちのつながりがない。
しかしそれでいいのかとの思いはある。

せんだって出席した葬儀で、故人の孫の小学生が2人弔辞を読んだ。
おじいさんを思う真情が溢れていてとても心を打った。
帰って妻に話したら、「あなたは孫にそんな弔辞を読んでもらえると思いますか?それだけ可愛がっていますか?普段が大事ですよ。」と言われた。
大いに反省したのであった。

今日、学友佐藤絢一郎君の訃報が届いた。
彼は孫の弔辞をどう聞いただろうか。

2007.09.24

リハビリ事情2

せっせと略毎日リハビリに通っている。
わが家から2Km、車で4分である。

朝8時5分前に病院の前に着くとお婆さんが6-7人かたまっている。お爺さんが1-2人車の中で待っている。
私は車を降りてお婆さん連中の所に行き、誰が最終かを聞く。
自分の順番を確認して車に戻って待つ。この時間だと大体10番前後である。

8時15分になると入口が開くので、並んで順番記入用紙に名前を記入する。
15番までは最初の呼び込みでリハビリ室に入れるのでその中に入るのが重要である。
用紙を外に置くとか、番号カードをとるとかいろいろありそうだが、これがここのノウハウである。
8時半になると1巡目のマイクロバスが到着するのでその後になったら大変だ。1日200人くらい来るそうだ。

9時になるとリハビリ室の呼び込みがあり、ブースを指示される。
最初に電気で肩を暖め、次に電気で刺激を与える。
ついで器具を使って肩を回したり、伸ばしたりする。
そしていよいよマッサージである。痛いが我慢する。

終わるまで約40分である。
ここに通い始めるのが20日ほど遅かったかなと反省している。
あと10回くらいか。

2007.09.21

ナーセリー巡り

昨日は三島方面のナーセリー巡りをした。
同行は妻と、伊豆ガーデニングクラブ・四季の花幹事のEさん、Oさんである。
目的は来週予定のIGC行事のリハーサルである。

大仁・山竹
ハンデイホームセンター伊豆中央店を出発して奥野ダムの有料トンネルを通り、修善寺から大仁の山竹種苗店に向かった。
ここはこじんまりした、店主の注意の行き届いたいい店である。温室の観葉植物が充実している。

三島市安久・村の駅
買物が楽しい所だ。トイレタイムでもある。アイスクリームも花屋もある。
皆さん、野菜をたくさん買った。

沼津市大岡・アート園芸村
ぼやんと、雑然としているようで、何やかや充実している。
花卉市場というより生産農家とのつながりが強い?

沼津IC近く・天神屋
団体行動の場合の食事場所は多人数に対応出来る条件が必要である。
メニューも幅広い方がいい。
ここはアート園芸村との位置関係で選んだ。感激もしなかったが、そこそこか。

沼津市柿田川・ホームアシスト
改装して園芸館が充実した。
私は探していた水栓柱を見つけた。5年前に枕木で自作したのが腐ったのだ。しかし今回はトランクが一杯で購入出来ない。また来よう。
妻は#5000、#8000のサンドペーパーを購入。こんな番手のはここにしかない。ブランド紅茶の大缶も購入。

函南・待里香
ここも店主が先頭に立ってよくやっているナーセリーである。
熱海から箱根側に上って富士や駿河湾を見下ろす西斜面に「南箱根ダイヤランド」とかいう広大な別荘分譲地がある。定住者も多い。
待里香はこの中によく食い入って造園している。その何軒かを案内してもらって感激したことがある。
来春はまた行ってみたい。

帰途は熱海峠から伊豆スカイラインで帰った。
朝から8時間の道中だった。
とても暑い日で、疲れた。

植木の剪定

18、19日、忙しい植木屋がやっと来てくれた。
やまもも、もみじ、えご、ひめしゃら、きんもくせいと、生垣のしらかし、さざんかの剪定である。

いつもならもみじとひめしゃら以外は自分でやるところだが、今年以降は妻から固く禁じられた。
そうは言っても、だが・・・

素人の剪定は丸刈りするだけだが、プロは中をきれいに梳いてくれる。
きれいになったやまももの写真を載せておこう。
070921mgtreecut004

プロの高木剪定作業は、ユニックの先に篭を付けて乗り、アームを延ばしてリモコンで自在に操作しながら作業する。
羨ましい。
070921mgtreecut002


~~~~~~
先にガーデンテーブルの買い替えのことを書いた。
さて古い方の処分を考えたら叩き壊して燃やすしかない。
しかし壊すほど叩くのなら補強出きるのではないかと考えた。
そこで裏板を当て、抑え板を当てて補強した。いずれ同色で塗装したらもっと落ち着くだろう。
かくしてわが庭には、奥の石のテーブルまで合わせると現在12席の用意がある。
070919mgtable_002

2007.09.17

「ルバイヤート」

大島兄のイラン報告を愛読している。

文中にオマル・ヤイヤーム「ルバイヤート」の一節の引用があった。
<幾山河を越えて来たこの旅路であった。どこの地平のはてまでもめぐりめぐった。だが、向うから誰一人来るのに会わず、道はただ行く道、帰る旅人を見なかった。>
小川亮作氏の訳である。原文からの口語訳である。50年まえのわが愛唱詩集である。

触発されてかねて気になっていた陳舜臣氏訳の「ルバイヤート」を購入した。
氏は戦時下、防空壕に入る時も「ルバイヤート」の原書を手放さなかったという。
原文からの文語訳である。
前出の節は次のように訳されている。
<門を越えてわれら荒野にさすらう われら到る処にさまよえど その道に絶えて跫音をきかざりき その道を行きし旅人 再び帰りし者あらず>

私は小川訳の方が好きだ。

~~~小川亮作~~~
翻訳家・外交官
明治43年11月新潟県岩船郡に生まれ、昭和26年12月死去。享年41歳。
英文学者を目指すが志を得ず、中国黒竜江省ハルビンの日露協会でロシア語を学び、のち外務省の留学生としてペルシャ語を学ぶため昭和7年テヘランに。帰国後12年外交官としてアフガニスタンに勤務、16年帰国後堪能な語学力を買われ対ソ秘密交渉にかかわった。一方3年間のペルシャ留学時代に出会った「ルバイヤート」の原典をもとに終戦前後から翻訳に取り組み、24年岩波文庫の1冊として刊行され、口語体の名訳として初版以来20万部を越えるロングセラーになった。26年病気のため死去。60年弟が中心となりルバイヤートの会を結成。
(NICHIGAI)

2007.09.14

リハビリ事情

肩の手術はリハビリの段階である。このまま抛っておいたら左肩が回らないままになるだろう。
手術をした伊東市民病院の医師は、<こういうストレッチをやれ>と言うばかりで、そして<2週間おきに見せに来い>である。
ストレッチをした後は痛んでしばらく鬱になる。

これでは不十分だと思い、近くの整形外科に行った。リハビリ室を持っている。
すごい混雑で診察を終わるのに2時間半かかった。嫌気がして1週間行かなかったが、それでも思い直してリハビリ室に行ってみた。
これも大混雑で室に入るのに1時間半待たされた。うんざりだ。
待合室のまわりを見るとお婆さんばかりである。婆さん30人に爺さん3人である。
リハビリ室でどんなことをするのか判らない。整形外科だから骨折のリハビリと思うのだが、婆さんがこんなに骨折するものだろうか?
婆さん連中に<どうしてこんなにお婆さんが多いの?>と聞いたが、<どうしてかねえ、アハハ>と笑うばかりである。

室内に入るとカーテンで囲われたブースが15くらいあって、ほかに電気で暖めたり懸垂したりする機械が10ヶ所くらいある。
私は2つ機械にかかった後、マッサージ師?がストレッチしてくれた。
これがなかなか良かった。自分ではとてもこれだけは出来ない。
<ちゃんと肩が回るようにしてあげますよ>と言う。
通う価値がある。

婆さん連中はいろいろ痛いところを宥めるために通っているようだ。
マイクロバスが近隣を集客に回っているらしい。
そんなバスを避ければ待ち時間を少なくすることも出来るらしい。
しばらく通うとするか。

2007.09.12

さんまの佃煮-もう3鍋

さんまの季節である。
今年のさんまはよく肥っている。

わが料理<さんまの佃煮>が好評で、今年もう3鍋も作った。1鍋6匹を煮る。
誰かにあげてすぐなくなってしまうので、自分で食べたくなってまた作る。
骨まで食べられる。

レシピは
<昨年の報告>
をご覧あれ。
今年の方が少し手綺麗になっている。しょうがに加え、サンショの実と梅干を入れた。

必ず生のさんまで。解凍さんまでは駄目。だから今しか出来ない。
何故ならはらわたがいのちだから。

070912samma3rd001

2007.09.11

大分県宇佐市安心院町

今朝の新聞に雑誌「駱駝」10-11月号発売の広告が出ていた。
トップの特集記事は<「日本一美しい村」に長逗留>である。
そしてその一番が大分県宇佐市の安心院(あじむ)であった。

安心院はわが母方の祖父三浦義雄の出身地である!
はあ。

わが父方の祖父森下一郎の出身地は伊良湖岬である!
はあ。

私は美しいものを見るように生れついている。

070911ajimu3srakuda

2007.09.10

メンター制度導入

新入社員が3ヶ月だか3年で辞めてしまうので「メンター制度」を設けている企業が多いという。
<メンター>とは助言者、師匠、後見人といった意味らしい。
わが伊豆ガーデニングクラブ=IGCでもメンター制度を取り入れることとなった。

IGCでは毎年8-12名が新しく入会する。
そして毎年それくらいが退会して80名前後で推移している。
幹事会で話し合って次の問題が浮かんだ。
1.新人の求めるニーズはガーデニング知識の勉強とガーデニング仲間との交流だろう。
2.一方ベテランの方は勉強会はもう何度もやったことばかりだし、仲間もたくさん出来て充足している。
3.新人は入会してもクラブの運営がどうなっているか判らないし、誰と付合えばいいのかも判らない。ベテランはオープンガーデンやら何やら忙しそうだ。
(これには事務局=森下の不親切、無愛想が大きいのだが・・)

そこで「メンター制度」導入となったわけである。
・北と南に1人づつメンターを置く。
・入会して3年以内の会員を対象に、クラブや会合の案内や説明をする。
・やり方はメンターに任せる。

IGCは時代の先端を行く。!!!???

2007.09.07

クロックスと豚靴

先頃妻が新幹線でお揃いのサンダルを履いた一家を見かけた。
色とりどりで賑やかで素敵だったので思わず声をかけたら、<これ、今年の流行りなのよ>と言っていたそうだ。
(だれ彼構わず声をかけるのは妻の悪い癖というか特技で、老来ますますはげしい。)

今朝のニュースで、このサンダルで40件も事故が起きているという。
サンダルの名前は「クロックス」という米国製らしい。

私が思い出したのは<豚靴>だ。
昭和25,6年頃か。母が靴を買ってくれた。
あめ色のゴムを射出整形しただけのゴム靴で、表面にちょっと模様があったかもしれないが、ほかに何の愛想もない。
だから履いていてもまったく汗を吸収も排出もせず、すぐに中がグチャグチャになった。
さすがに嫌で<豚靴>と蔑称でよんだが、親が買ってくれたものだから我慢して履いていた。
当時とてちゃんとしたズック靴もあったのだろうが、何人もの育ち盛りの子供に安くて丈夫な靴を買ったのだろう。

今思えば「クロックス」のように穴を開ければよかったのだ。

070907crocs

台風の進路

昨夜の台風は伊東の上を通って小田原に上陸したのだそうだ。
あちこちからお見舞いを頂いた。どうも有難うございました。
幸いわが家も周辺もさしたる被害はなく、無事に朝を迎えた。

一昔まえなら必ず海岸に行って打ち寄せる波を眺め、帰って妻に叱られたものだが、さすがに最近は自重している。
それにしてもサンライズ・マリーナはどうだったか、見に行かずばなるまい。
それに稲取も。
もう随分昔、稲取のあの外堤防のケーソンが2本、台風でスポンと抜けたことがあるのだ。波の力はそれほどに怖ろしい。

そういえば三河みとマリーナを造っていた頃、すぐ対岸の海陽ヨットハーバーの防波堤が100メートルにわたって倒壊したことがあった。
マリコン(東亜建設工業)の推薦する防波堤がいかにも大きく頑丈で、さんざん文句を言ったものだが、自然の威力を目の当たりにして言うことを聞いてよかったと胸をなでおろしたものだった。

今回の1番の被害者は犬のロビーだ。
風の音が怖くて餌が食べられない。餌に向かうのだがすぐに我々の足元にきてうずくまる。
カミナリを怖がるのは承知だが、風にこれほど怯えたのは始めてだ。

2007.09.02

ガーデンセットがない-チーク材事情?

庭のガーデンセットが購入以来7年たって、廃れてきた。
テーブルの天板の板が反り、脚との接続部分が腐食して傾いてきた。
椅子の方はもう2脚が駄目になって追加している。

買い換えようとしばらく前から物色しているのだが、これが見付からない。
D2川奈、カインズ鎌田、ハンデイ伊豆中央とホームセンターを探したがそもそもチークのガーデンセットの展示がない。
ネットで探しても、私が思っている4-5万円のはなくて10万クラスばかりだ。

今日は山を越えて大仁、三島方面を探した。
D2函南、ハンデイ大仁にない。
本命のホームアシスト三島に行ったら、生憎8/25から改装工事中だった。

これはおおごとだ。
チーク材の製品は品薄になっているのか?もう我々庶民の手には入らないのか?
最後にカインズ修善寺に行って、やっと1セット見つけた。
天板の径が100センチで現使用中のより12センチ小さいが文句は言っていられない。
すぐに購入した。

単なる季節はずれなのか?
淋しの心だ。

050510mgflowerswatsonia2

2007.09.01

感想「花に習う」(川瀬敏郎)

川瀬敏郎の「花に習う」(別冊太陽 2730円)を買ってとりあえず眺めた。
普段こんな高い本は買わないのだが2万4千円の歌集を買わなかった分だけ気が大きくなった。

一覧してがっかりした。ちまちまとして、小さな花ばかりだ。
器は吟味されているし、茶席の花なども取り上げられてはいる。だがこれは一般人向けの実用書だ。
「花から、器から、場から、習う」という構成で、教本になっている。川瀬敏郎のこういう本を待ち望んでいる人も多いのだろう。

私が期待したのは彼の立花だ。
立花こそ川瀬敏郎の本領なのだ。
本を間違えたのは私が悪かった。

2年前に<川瀬敏郎と假屋崎省吾>を書いた。
假屋崎はますます吹っ飛んで、もう華道家とは言えなくなった。
川瀬はなんだか小さくちぢこまっているようだ。
花人・川瀬よ、いつも大きな花を活けてくれ。

07090505hanakaikikawase5


« August 2007 | Main | October 2007 »