« 北の本3-追放の高麗人 | Main | 北の本4-樺太生まれ »

2007.08.25

朝青龍問題4-通訳

何人もの医師が朝青龍と面会し、診断した。
朝青龍は何も喋らないという。

医師は何語で質問したのか?
日本語のみか?モンゴル語の通訳はいたのか?

いかに朝青龍が日本語に巧みであるとしても、あくまで彼にとっては外国語だ。
彼は精神の病を疑われている。その患者に、外国語で問いかけて反応がないと言って、それでいいのか?
ましていまや裁判の様相だ。

日本で相撲をとるのだから日本語でやれというのと、医師の診察は異なる。
相撲協会もマスコミも大衆世論も、日本語が当然と思い込んでいる。
もし琴欧州や露鵬が大怪我をした時、詳しい病状を聞きだすのにあくまで日本語で済ます気か?

« 北の本3-追放の高麗人 | Main | 北の本4-樺太生まれ »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/16234021

Listed below are links to weblogs that reference 朝青龍問題4-通訳:

« 北の本3-追放の高麗人 | Main | 北の本4-樺太生まれ »