« 映画「花と龍」 | Main | 選挙雑感 »

2007.07.31

映画「花と龍」2

この5本の「花と龍」をみて考えた。
誰の金五郎がいいだろう?

石原裕次郎だな。
ただし昭和37年の裕次郎は26才くらいだ。これでは不足。
10年後、36才の裕次郎で観たかった!

妻マンは誰がいいか?
マンには百姓女の逞しさがある。それを考えると倍賞美津子だろう。

藤純子のお京はさぞ美しかっただろうが、華があり過ぎる。
ここは淡路惠子の凄艶さでいきたい。

こんな品定めが出来るのはわが年代だからである。
40代以下の人にはチンプンカンプンだ。

« 映画「花と龍」 | Main | 選挙雑感 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/15957426

Listed below are links to weblogs that reference 映画「花と龍」2:

« 映画「花と龍」 | Main | 選挙雑感 »