« 堂ヶ島洋ランセンター | Main | 写真の無料プリント »

2007.02.25

ガーデンデザイン-防風塀

昨日は「庭を見てくれ」というガーデンデザインの見込み客の庭を訪問した。

伊豆高原のあたりをご存知の方に少し説明すると、135号を下って八幡野、赤沢を過ぎて左手海側が浮山地区となる。
昭和30年代に殖産住宅が開発した別荘地で、単位面積も広く、建物も大きく、別荘地としてのステータスは高い。高かったというべきか。
しかし分譲時期が古いため当初のオーナーは老齢化し代替わりとなっている。殖産住宅自体も消えてしまった。そんなこんなで地盤沈下である。
しかしこの辺は国立公園内で建蔽率20%となっているのでスラム化することはない。

車での通過客の目に触れることはないが、右手山側に幾つもの別荘団地が続く。
浮山のすぐ上が「名鉄赤沢」で、「赤沢恒陽台」「望洋台」「コマツ汐見台」「熱川ダイヤランド」などと続く。
高い山の上まで連なり、上の方は冬には寒かろう。

訪問したのは「コマツ汐見台」の中である。
素晴らしい眺望だった。
伊豆大島、利島が目の前だ。まったく素晴らしい。
120坪ほどの分譲地で高台の平地である。家は6年前に建て、定年になった3年前から月の半分くらい来ているそうだ。

自分なりにしこしこと庭をいじっているが、どうにも形にならない。
そこでガーデンデザイナーへの依頼となった。

私は次の提案をするつもりだ。
1.風の吹き上げる南西側にしっかりした防風の塀を作る。
  普通なら生垣を考えるところだが、ここの風は生垣では不十分だし、風で阻害されて充分に成育しないだろう。
2.回遊路
  庭にはまず回遊の通路を作るのがわがポリシーである。
3.パーゴラ、ベンチの設置
  アイキャッチャーとしても必要だ。
4.毎日の水遣りを必要としない植栽計画

070224yonedasite_004h


« 堂ヶ島洋ランセンター | Main | 写真の無料プリント »

Comments

I've been browsing on-line greater than three hours as of late, yet I never found any fascinating article like yours. It is lovely value enough for me. In my opinion, if all site owners and bloggers made just right content material as yyou probably did, the internet will likely be a lot more useful than ever before.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガーデンデザイン-防風塀:

» 鉢・鉢カバーの関連サイト [鉢 関連情報ネット]
おしゃれなガーデニングは、まず鉢選びから。素焼き鉢(テラコッタ)・陶器鉢など植物にあった鉢を・・・ [Read More]

« 堂ヶ島洋ランセンター | Main | 写真の無料プリント »