« December 2006 | Main | February 2007 »

2007.01.29

MIXIとフレパ

ライブドアーがやっている「フレンドパーク」というSNSがある。
ホリエモン逮捕の以前に加入したが、SNSの仕組みがよく飲み込めずあまり覗くこともなかった。
久しぶりに入ってみたら何やら閑散としている。まったく閑散としている。

他にもSNSはあるのでSNSの加入メンバー数のランキングを見ようと思ったが、見付からない。
探せる人には探せるのかもしれないが、私には判らなかった。

それでMIXIとフレパで、同じキーワードでメンバーを検索してみた。
圧倒的な差であった。

キーワード    MIXI  フレパ
ガーデニング  12617  95
オープンガーデン 19   0
セーリング    632   7
クルージング  1300   18
琥珀       1248   16
天然石     1748   15
体験工房     24   1

フレパにプロフィールが載せてあり、たまにメッセージが入ったりするらしいので、迷惑をかけてはいけないので退会するつもりだ。

それにしても700万人といわれるMIXI会員でプロフィールに<セーリング>と書いた人は0.01%であるか。

2007.01.25

画像ソフトのこと

ガーデンデザインの仕事の引き合いがあった。
私にとっては大きな仕事だ。

現場を見に行った。
2000坪くらいだろうか。ただ3分の1が法面である。

最初見た時は何もイメージが浮かばず、これは駄目だと思ったが、4-5日寝かせたらいいアイデアが浮かんだ。
これなら採用になるかもしれない。
早速絵にしようと思ったが、さて難しい。
このブログを読んで下さる方はもうご存知だが、私はラグビーと麻雀とヨットとガーデニングで日を送ってきた人間で、きちんとした絵を描く素養はないのである。
なんとか写真を貼り合せて送った。

それにしても我ながら驚いたのはわがパソコン内の画像および画像処理ソフトの数である。
フォトショップ、イラストレーター、ペイントショップ、花子、GCrew8、水彩、ペイント、Vix、この他ガーデニングに特化したソフトも幾つもある。名前も忘れてしまった。
どれもきちんとマスターしていない。だから沢山あるとも言える。

この際、どれかをマスターしなければいけない。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2007.01.23

花三題-アイス・カスケード、雲南桜草、クリスマス・ローズ

1.シンビジウム-アイス・カスケード
  シンビジウムの花房が垂れ下がっているのが流行だそうで、妻に頼まれて昨年のラン展で一生懸命探した。
  見付けたが人気種らしく花房が3連下がっているのは(3000円)売り切れで、やむなく2連(2000円)のを買った。
  名前はアイス・カスケードだった。
  それが今年は6つも花房を付けてくれた。
070123mgflowercascade005h

2.雲南さくら草
  先日は1本だけ花茎が立ち上がった写真をお目にかけたが、もうこんなになっている。
  これの種はロベリアの種よりも小さくて、それだけに種から育てた株には愛着を感じる。
070123mgflowercascade003h

3.クリスマス・ローズ
  今年最初のクリスマス・ローズが開いた。
070123mgflowercascade001h

2007.01.21

琥珀の玉の入れ物

このところずっと琥珀の玉を入れる入れ物を探している。
ネットショップで金属の小籠を探し、銀工房へ弟子入りを申込み、ワイヤークラフトにも問合せ、そして今日は天然石をヘンプ(麻)の小袋に入れて売っている工房を訪ねた。

ヘンプの袋は琥珀の雰囲気に合わないがとにかく入れ物が欲しい。
だがそこは小袋を自分で編んでいるのだった。それではわがニーズに合わない。
既製品で数百円で欲しいのだ。

なぜそんなに入れ物が必要なのか。
琥珀原石をリトアニアやドミニカから仕入れている。
どうせ細々とした体験工房だから、裾物を少しづつ入れるだけだ。
30-40ミリの大きさの原石を注文するが、どうしても小粒のが混ざる。

この小粒原石(800-1500円)も売らないと採算にのらないが、琥珀磨き指導にあまり小さいのを選ばれるとこれも効率が悪い。
(ここまでは信子の商売、ここから先が一義の商売である)
従って小粒原石をペーパーと一緒に「磨きセット」にしてネット通販したいが、磨いて石にしてもそれだけではアクセサリーにならない。通販で買った人には石に穴を開けることは出来ない。

そこで、籠も付けたセットにしたいのだ。
そういう目的だから入れ物は500-1000円がターゲットである。

昨夜、アメリカのショップで25ミリサイズのケージを見付けて試し発注した。
名前はjewelry cage というのだと知った。先日の写真のよりは大きそうだ。
うまくいくといいが。

追記
琥珀の客は1月になって9名である。
このところオープンガーデン新規参加の庭を見てまわっている。これからシーズンだ。
昨日は東京の大手出版社から伊豆で計画している遊戯施設の造園デザインの相談を受けた。ちょっとびびるが、提案だけはするつもりだ。
マリンサーベイは今月の受注はまだない。
如水会報の今月号に津山兄が、飛鳥で世界一周旅行を企画して大当たりさせた記事を載せていた。わがOffice-PCCとは桁が違う大事業だが、彼には船長もいたであろう、コックもいたであろう。わが多角経営事業はコックも船長も全部自分である。そこが面白い。

Cagesunshineshop070120

2007.01.17

金属の小籠のネックレス

070116awcage_020h


ネット上で宝石の小さな玉を入れる小籠を見つけ、これに琥珀を入れたいと思いました。
それでその小籠を入手しようと探しましたが、なかなか見付かりません。
あちこち問い合わせてやっとMIXIのネットで、扱っているサイトを教えてもらいました。

早速入手して、琥珀の小玉を入れたのが上の写真です。
残念なことにこれ以上大きなサイズがありません。
これでは琥珀には小さすぎます。どこかに大きいのがないかと、世界中を探しています。
ご存知の方がいらしたら是非教えて下さい。

この小籠のネックレス、ビーズ玉を入れるのなら1000円で出来ますが、琥珀を入れると2500円になってしまいます。
でも琥珀の方がずっと存在感があって素敵です。

下の写真は最初に小籠を見つけた写真です。
Wirecage0701

∞∞∞∞∞∞∞∞∞信子・記


2007.01.15

ホワイトカラー・エグゼンプション


「ホワイトカラー・エグゼンプション」、日本語にすると「自律的労働時間制度」ということになるそうだが、こういう大事なことを聞いたこともない英語にすること自体、誤魔化しである証拠だ。
誤魔化そうとしているのは経団連か、官僚か。

安倍首相はホワイエになると<残業代がつかないからみんな早く帰宅するようになる>そうだ。
阿呆か。間抜けか。馬鹿か。
トンチキ。おたんこなす。物知らず。
救い難いね。

私は40年の勤め人生活で、残業手当を1円ももらったことがない。
出光興産には残業手当のきまりがなかった。
勤務時間のきまりがないから残業もない、という理屈だった。
その後労働監督署から注意があったり、今では株式上場したりして、現在どうなっているかは知らない。

まあいずれにしろ関係ない。
私は残業をしなかったから。
接待酒や接待麻雀は残業ではないとしてだ。
残業をしなかったと言って、誰も信じまいが。

つい先だって読んだ「・・・全共闘世代」で、小阪修平は<この世代の最良の部分は壊れてしまった>と書いた。
ホワイエなんかを法案にし提出するのは、きっと壊れなかったカスの連中だ。
法案に怒りもしない若い世代はカスに育てられた世代だ。

われら戦後民主主義に育った世代には信じられない状況だ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2007.01.14

雲南さくら草と梅一輪

070114mgume_003h


一昨年12月、雲南さくら草の見事に咲いた鉢を買ってきて楽しんだ。
3月頃花が終わり、結実したので<とり播き>で4月に播いておいた。
うまく発芽し育ったので幾つかの鉢に定植し、秋の「花の苗フリーマーケット」に出品した。

残した鉢の1つが開花した。
昨年ほど見事ではないが、だんだん花も増えるだろう。
他の鉢も花芽を持っている。
フリーマーケットで買って下さった方はどうだろう?

~~~~~~

今日、梅の最初の一輪が開花した。

070114mgume_006h


070114mgume_011h


2007.01.13

「思想としての全共闘世代」を読む

「思想としての全共闘世代」(小阪修平 ちくま新書 06・08刊)を読んだ。

著者は1947年生まれ。1966年福岡から上京して東大に入り、全共闘にまきこまれ、中退、その後は予備校講師・物書きとして身過ぎ世過ぎしているという。

実は20年前にこの著者の「イラスト西洋哲学史」(1984年刊)を読んだことがある。感激して、もう30年前にこの本を読んでいたら自分の人生が変わっていたのではないかと思ったほどだ。それほど明快に哲学を解説してくれていた。
いま「思想としての・・・」を読むと、彼はこの「哲学史」を<若い世代が観念的なテーマに関して他者と共有できるような言葉を持つことに、ほんの少しは役に立ちたい>と思って書いたという。

また「思想としての・・・」のあとがきに言う。
<全共闘運動の時代は、もう歴史に属している。たとえばいまの若い世代にとっては生れる前の出来事だ。>
<だが、それにしても全共闘運動の経験は下の世代に伝わっていない。スケールの違いを度外視すれば太平洋戦争の経験が戦争文学をはじめとするさまざまな聞き書きや映像作品をつうじて伝えられたのに、全共闘運動は一世代のかなりの部分をつかんでしまった経験であるにもかかわらず、その全体像が伝わるような小説一つ生み出せなかった。>
小阪はこの思いからこの著を書いた。つまり若い世代に向けて書いたのである。

この私はといえば小阪の一回り上の年令である。
彼のターゲットとした読者の50才以上も上であろう。

私は全共闘運動について何も知らない。この著を読んで、今更ながら何も知らないことに驚く。
何も知らないで生きてきたのである。
ただ自己のために弁ずるとすれば、私は安田砦の攻防も、浅間山荘の突撃も、TV中継を見ることはなかった。
私の生理は修羅場を見ることを拒否するのである。

小阪は東大に入った時、毎日300ページ、週に2100ページの読書を自分に課したという。
それでなお、後に広松渉(1933年生まれ。東大教授。哲学。若い頃はガチガチの共産主義者だった。)が毎日700ページを読んだことを知って恥じた。
全共闘運動はこのような知識階級を崩壊させた。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2007.01.10

今日のマリーナ

070110itosunrisemarina008h


先日来の強風でわが庭にも被害があった。
1.東ボーダーのトレリスが倒れた。
2.その煽りでガーデンオーナメントの石像が2体倒れ、一部欠けた。
3.西側のガレージの屋根の庇の部分のアクリルが風圧で割れて外れた。

今日はうって変わって穏やかないい日和であった。
船大工のI氏とある艇を見に行った。30フィートの輸入ヨットで19才である。
窓に水漏れがあり、その補修の可能性を見てもらうためである。
年令が年令だけに本格的な補修は考えず、適当にMakeUpで済ませたいのだ。

I氏曰く。「ヨット大工として私にはこの状態からのMakeUpは出来ない。私がやるならベニヤの部分から取り替える。MakeUpは塗装系の業者と相談してくれ。}
つまりペンキ屋と相談しろと言う。
そのようにオーナーに伝えるつもりだ。

マリンサーベヤーとしての私の仕事は、この艇を売却するのに<このままなら幾ら><補修したら幾ら>かを見積もることである。

070110mscolleh


2007.01.09

琥珀のストーンパワー2

先に妻が「琥珀のストーンパワー」にていて書いた。
妻は自分のまわりの反応を書いたが、自分はパワーを感じず、パワーについて調べる気はないと言う。

私は少し関心をもって、MIXIの中に「パワーストーン」というコミュニテイを見つけ、そこで「琥珀のストーンパワーとは何ですか?」と質問した。
するとそのコミュニテイの主宰者が「それは******だ。」と教えてくれた。

<******>は私がこれまで見たことも聞いたこともない術語である。
Googleで検索して驚いた。ぞろぞろゾロゾロと関連項目が幾つも出てくる。
さらにウイキペデイアで調べて、サンスクリット語で、ヨガなどに使われる術語と判った。

最近細木なんたらとか江原スピリとか、得体の知れない人気者が幅を利かせている。
どうやら<******>もその世界に類する使われ方をしているらしい。

私は<******>をここに皆さんに紹介しない。
既に2500年も昔に孔子は「怪力乱神を語らず」と教えているではないか。

子不語怪力乱心

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2007.01.07

琥珀のストーンパワー

琥珀には何かの力があるようです。

始めに琥珀原石と再生琥珀のお話をします。
再生琥珀は原石としては売れない小粒だったり砕けた琥珀、加工途中で落とされた琥珀を更に砕いて加熱・成型し固めたものです。非常にきれいに、中には虫まで入れ込んで成型されます。
見た目はこれこそ琥珀といった顔をしていますし、成分は琥珀に違いありません。しかし私には握った時の感触がまるで違います。再生琥珀は原石あるいは原石を磨いたルースに比べはっきり固い感じがします。

1例:昨日来たお客さま-50台女性
 そのお話をして幾つかの原石と再生琥珀を握って頂きました。そして或るルースを握った時、彼女は「来た!」とおっしゃいました。そして外から入って来たばかりでまだ冷たい手が、肘までしびれるとおっしゃいました。
 石を受取ると、石が温かくなっていました。こんなに早く反応された方は初めてです。
 結局彼女は6000円のブルーアンバーの原石を磨いていかれました。

2例:うちの孫-6年生と2年生
 原石を磨いたルースは、「持つと手が温かくなる。心臓がどくどくする。」と言います。
 また原石を磨いたルースは、「口に入れたくなるけど、再生琥珀は入れたくない。」と言います。

3例:美容院のおかみさん-30台
 私の持っている一番パワーのあるらしいルースを、何も説明無しに持ってもらいました。
 10分ほどして、鳥肌がたち額から汗が出てきました。そして気味悪そうに手から放しました。

4例:占いをやる女性-50台
 5分ほど持っていたら掌が汗ばんできました。そしてその汗の中に金粉みたいなものがひらひらと光って見えました。彼女だけでなく私にも見えました。
 汗が乾いたら金粉も消えました。

~~~~~~
これらは私の実体験ですが、残念ながら私には「来た!」という体験はありません。
琥珀原石と再生琥珀の握った感じの違いが判るだけです。


∞∞∞∞∞∞∞∞∞信子・記

2007.01.06

旧暦の手帳

皆さん、旧暦に多少の関心はおありだと思う。

私も数年前から関心があって旧暦カレンダーなど入手して張ったりしているのだが、いまいちしっくりこない。身に付かない。
何事もすぐに突き詰めようとしない、そのうち判るだろうという探究心の欠如した私のなまくら精神がそうさせているのだが、1つだけ、新暦カレンダーに旧暦を併記したスタイルが良くないと思っていた。
旧正月であれ元日はやはりカレンダーの最初になければならない。
現代の世の中、旧暦だけで生活できるわけはないが、新暦をベースにして旧暦をくっ付けたカレンダーではすぐに旧暦の世界に入り込めないのである。

そう思っている時に、旧暦をベースに新暦を付記したという手帳を見つけた。
ここである。 http://www.88d.jp/
早速注文した。(まだ届いていないが)

当該ページの惹句
●月のリズム=自然のリズム=宇宙のリズムを取り戻した、地球環境と調和した暮らし
●従来のグレゴリオ暦が推し進めるグローバリズムからの脱却
●大量消費社会から離れた、もうひとつの認識の獲得(あるいはかつて誰もがもっていたはずの認識への回帰)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2007.01.05

私の朝方生活

TVで朝方生活のリポートをやっていた。
早起きして座禅をしたりダンスをしたりするのだそうだ。
お忙しいことだ。

私の朝方を書こう。
年間を通してだいたい日の出の30分前に起床する。
今なら06:20頃だ。夏なら04:30頃か。
起床前の約1時間が貴重な読書時間である。

起床してから犬の散歩に出かける。約30分歩く。
面白い本を読んでいる時は散歩に出たくないが、相手が生き物だからそうはいかない。
戻って朝食の支度が出来るまで新聞を読む。

この流れだと夏季日の出前の草抜きが出来ないのが辛い。
しかし読書や新聞を読む時間を割くのも辛いので、どうしても草抜きが疎かになる。

寝るのは21:00前後である。
TV番組はスポーツ中継以外は録画して空いた時間に観る。

私の朝方は今に始まったことでなく受験勉強も朝方であった。
体質であろう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2007.01.04

琥珀磨きのお客さま

昨日1月3日、6人もの家族連れがいらっしゃいました。
はじめご夫婦と中小生2人で中小生だけの体験申込みだったのですが、面白いからと別の場所に行っていたご両親を呼んで6人となり、4人が琥珀磨き体験をなさいました。
午後1時から5時までかかりました。
お支払いは3万円くらいになりました。

6人ものお客様のお相手をするのは初めてで、とても疲れました。でも張合いもありました。
私の感覚では月に15-20人のお客様があればいいなと思っているのですが、現状はとてもそこまで届きません。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞信子・記

« December 2006 | Main | February 2007 »