« November 2006 | Main | January 2007 »

2006.12.28

昨日の風で壊れたヨット

東海地方某マリーナで、昨日の風で係留中のヨットのスプリング・ロープが切れ、バウに穴が空いた。
艇種はハンター36である。

ちょっと弱過ぎる気もするが。

061228msitosunrisebowdamagehunter36


061228msitosunrisebowdamagehunter362


ヨットのサーベイ

061228msitosunriseharber

今日はヨットのサーベイだった。
このところ大きなボートのサーベイが続いていたので、ヨットのサーベイだとほっとする。
ホームグラウンドに戻った感じだ。

言えること
・きれいに整理整頓された艇に乗ると気持ちがいい。汚い艇は気分が悪い。
・リストラという言葉が新聞に出始めて以来ヨット人口が激減している。ヨット遊びなんかしていると、噂が立つだけで恐ろしいという。
・買い手に建設関係なし、サラリーマンの共同オーナーなし。やっぱりIT関係が増えている。

今日の艇は地方公務員の共同オーナー艇だが、公務員給与切り下げの声で持ちきれなくなって売りに出たという。

061228msitosunrisehaulup


2006.12.27

IGCの役員交代

伊豆ガーデニングクラブに役員=幹事交代のルールはない。
任期のきまりもない。
一応、やめたい人は後任を探してくることになっている。
しかし探せない人も多い。
80名の組織を10数名の幹事で運営している。

来年2月の新年度を迎えるにあたり、3人の新幹事を補充しなければならなかった。
いろいろ考えて心づもりをしたが、さて受けてくれるかどうか判らない。
気が重くて1月ばかりうじうじしていたが、やっと打診の電話をした。

なんと、なんと、目星をつけた3人が3人とも受諾してくれたではないか。
万歳!嬉しい!

オープンガーデンも22庭中、来年は4庭がやめる。
なんとか3庭の新規参加の目処をつけた。
これも嬉しい!

任期も交代のルールもなく、役員同士の話で決まってしまうのは民主的でないとの批判もある。
たしかに民主的ではない。
しかしこういう任意団体は、例えば順番で役員などと決めたら辞めてしまう人が出てくる。それで構わない組織だ。
負担は公平でなければならないと正論を吐く人も居る。役員をすることでやる気を出す人もいる。いろいろだ。

民主的でない組織は多い。
東京六大学野球だって、大学ラグビー対抗戦グループだって、民主的に決まった組織ではない。
伊豆ガーデニングクラブはやる気のない人に幹事を任せたら、すぐに消滅してしまう組織だ。

問題は私自身の退け時だ。
もうそろそろかと思う。
ただ俳句の結社など、死ぬまでやるのもある。

2006.12.24

MIXIで思ったこと

紹介されてMIXIに入るだけは入っていたけど、どうにも勝手が判らずそのままにしてあった。

思い付いて「琥珀磨き体験工房」のアクセスアップの一助にもと、妻のサイトに切り替えてコミュニテイを作った。
 ここである。

ちょっとぶらついてみたが、どこも、どうにも幼稚な感じである。
こんなのばかりだとしたら、ホープレスだ。
まだ本当に判っていないのかもしれないが。

2006.12.21

檀れいと「オーラの泉」

檀れいがTVに出るというので楽しみにしていた。
番組はテレビ朝日の「オーラの泉」、水曜23・15、こんな時間は私には存在しないと一緒なので録画して今朝観た。

すると檀れいは当然だが、司会者と三輪明宏とあと1人変なおやじがいて、これがしゃべりまくる。
檀れいの番組のはずなのにおやじばかりのさばっている。まわりの誰も注意しない。
あんまり不愉快なので彼が喋る時は音を消していたが、遂に観るのをやめてしまった。
なんなのだ、このおやじは。

妻に聞くと江原啓之といい、人気者でこれは彼を観る番組なのだという。
なんの人気なのだ。
少し気になってWikipediaで調べたら長々と出ている。
要するにスピリチュアル・カウンセラーというらしい。

なんにしても折角の檀れいの番組を途中で消すほどの反発を感じさせる力は大したものだ。
処世上、こういう人間をあんまり嫌わないようにしよう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2006.12.20

2日で消えたグーグル・アドワーズ

Googleadwordsの広告を出して、1ページ目のトップに出たと書いた。
今日見たらもう出ていない。
2日で消えた。

この広告、1クリック幾らで、予算○○円までと申し込む。
1クリック幾らが高いほど上に出る。クリックで予算を使い果たせば出なくなる。

私は1クリック11円で、予算3000円と申し込んだから、約270回クリックされて2日で消えたわけだ。
270回クリックされて特に商売にはならなかった。
ハハ。当分このペースで行こう。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2006.12.19

「マリナス開発」が消えた

ちょっと調べたいことがあり「マリナス開発」のサイトを開いた。
ご存知ヤマハ発動機の子会社で、マリーナ建設などのコンサルタント会社である。海域調査や、市場調査や、建設指導を行っていた。
ところが<ページを表示できません>と出て、どうにも開けない。どうやら消去されているようだ。

ヤマハ発動機のサイトに入って、やっと「マリナス開発を解散した。」との記事を見つけた。
この1行だけである。説明も何もない。
ほかに業界短信「ヤマハ、マリナス開発の解散を発表-2006・6・29」を見つけた。これも解説はない。

一体これはどういうことか。
大手企業の子会社としてそれなりの信用もあり、社会に求められた業務を行っていた企業体をこんなにもあっさりと消滅させていいものなのか?
せめて<その業務はどこが引継いだ><調査結果などの遺産はどこに保管する>などのコメントが必要ではないのか?
ヤマハ発動機の見識を疑う。

マリナス開発のサイトには多くの有益な情報が蓄積されていた。
それはわが国マリン文化の貴重な一部分であった。
それを勝手に消滅させることは社会的に許されない。
ヤマハ発動機のアーカイブスに入れるなり、日本マリーナ・ビーチ協会に移管するなりするのが当然であろう。

今からでも遅くはない。ぜひそうして頂きたい。

~~~~~~
追記1
同社は87年の設立である。私は出光三河みとマリーナの担当として88年にマリーナ建設のコンサルタントを依頼した。同社にとって初の大型案件ではなかったか。

~~~~~~
追記2
ヤマハ発動機にもこのメールを送ろうと、広いヤマハ発動機のサイト内を隈なく探したが遂にメールアドレスを見つけることが出来なかった。
ヤマハ発動機はユーザーや世間の声を聞く気持ちがないのだろうか。


2006.12.18

グーグルGoogleadwordsの広告

グーグルにGoogleadwordsという広告サービスがある。
あるキーワードで検索して表示される一覧リストの右側に、広告主の3行広告を出してくれるサービスである。
月の広告料の上限を決められるのがいい。

私の「中古艇相談とマリンサーベイ」サイトの広告を申し込んだ。キーワードは「中古艇」、予算は月額3000円とした。
すると、なんと12万件もある検索結果の最初のページの一番上にわが「黒潮丸の中古艇相談」広告が掲載されたではないか!
何故一番上になったのかは判らない。多分中古艇ビジネスが低調で、このキーワードへの広告主が少ないのだろう。
これまで1日80件だったアクセスが一気に150件となった。

Googleに「中古艇」と入れて検索すればご覧になれる。
(出ている部分を画像にとりたかったがうまくいかなかった)

追記
このサイト、かって5-6年前気合を入れてメンテしていた時期には毎日1500件のアクセスがあった。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
親切な友人が画像にとってくれたので掲載する。
061218google


2006.12.14

岩を掘った

注文してあったユリの球根が届いた。
いつもいつも、何か1つ植えるのにその場所に悩む。一木一草、何かをどけなければ植えられない。

今回、マンテマが枯れていたのでその後に植えることにした。マンテマは3年ほど咲いたのだが今年枯れた。
掘ってみるとどうやら岩がある。大きな岩だ。
ショベルと穴あけ用の鉄棒(これが岩堀りには役に立つ)でやっと掘り出した。大汗をかいた。
こんな岩があってはマンテマが枯れるはずだ。
ユリよ、綺麗に咲かないと承知しないぞ。
見え難い写真だが証拠写真である。

かくして私は人類の遥けき開拓の歴史を想う。
モンゴルは平原を耕して農地にする民を嫌った。
私は遊牧民でも農民でもない。
私は海の民の裔である。

061214mgrock_003h


2006.12.12

鉢類の屋内取込み

061031catolea0027


061123myflowerran001h


鉢類の屋内取込みがやっと終わった。
今年は「琥珀磨き体験工房」の作業台が最良の場所を占拠したので、場所を確保するのに苦労した。

バラとランは品種改良が進んで名前を覚えるのが大変なので敬遠していたのだが、近年どっと増えてしまった。
特にラン類が増えた。株分けすればいくらでも増えるし、後楽園のラン展に行くようになったのがいけない。この時期、みんな咲きそうな顔をして元気になる。
ラン類だけで25鉢ほど取り込んだ。デンドロ類は外に置き放しだ。それで立派に咲いてくれる。

写真を4枚載せよう。
最初のカトレアはもらってから3年目だ。7輪咲いた。ここに転居した10年前にR組の諸兄からもらったカトレアは7年咲かせたが、さすがに大きな花は咲かなくなった。
2番目のパフィオ・ペディラムも到来物だ。あちこち廻ってわが家に来たが、一番立派に咲いている。
3番目のシャコバ・サボテンは某氏のお見舞いに買った鉢の折れた一枝を挿しておいたら、こんなに立派になった。
最後のオンシジュームはチョコレートの香りがする。昨年堂ヶ島洋ランセンターで買った。

061211shakobasaboten_001h


061211onsidiumchocolate


2006.12.11

読書やめろ?

「シーア派」の題名につられて桜井啓子著・中公新書・06/10刊の本書を読んだ。
桜井氏は59年生まれ、上智卒、早大教授。
そもそもシーア派から、湾岸諸国の現状までを解説する。
まさに時宜を得た出版である。

触発されて「物語イランの歴史」「中東イスラーム民族史」を読んだ。
いずれも宮田律著・中公新書である。
「中東・・・」を読んでいるうちに、自分がやけに中東の歴史に詳しいことに気付く。おかしいなと思ってよくよく見たら、わずか数ヶ月前に読んだ本であった!
06/8の刊行だから、それより前に読んだわけがない。
2、3ヶ月前に読んだ本を読んだことすら忘れている!

そう思ってみたら書棚に買ったまま読んでいない本が並んでいた。
買ったことを忘れている。
「日本宗教史」(末木文美士)、「ラ・ロシュフーコー公爵伝説」(堀田善衛)、「江戸の橋」(鈴木理生)などだ。
最近は小説をあまり読めない。作家が構築するフィクションをフォローし共感する想像力が枯渇してしまった。

眼も弱ったことだし、もう読書をやめろということか。
読んだことを忘れ、買ったことを忘れるようではもう極まれりだ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2006.12.07

河津バガテル公園でオープンガーデンの講演

昨日は静岡県賀茂農林事務所の依頼で、河津バガテル公園の会場でオープンガーデンについて講演した。
本当に100人以上集まったのには驚いた。
話した内容は袋井市の時と同じである。

大元は県の農林水産部花卉園芸室で、このところ集中的にオープンガーデンについて催しを行っている。
うまく実を結べば静岡県はオープンガーデンの先進県になるかもしれない。

061206bagatelleopglecture_004h

061206bagatelleopglecture_002h

061206bagatelleopglecture_006h


ロビーのヘアカット事前事後

昨夜から今朝にかけて、素晴らしい満月だった。
朝方、名残りの月に誘われて散歩に出た。戻る頃には日が出て、伊豆大島の稜線がくっきりと浮かんだ。
いつも犬の散歩はこんな時間だ。
(日の出前の散歩か?とメールを頂いたが、なに8時半か9時に寝るのである。早寝早起きは船乗りのサガである。)

わが家のロビーの犬種名は<ワイアーヘアード・フォックステリア>という。
その名の通り剛毛が渦を巻いて生えているが、長くなるとまあ柔らかい。
本当は毎日しっかりとブラッシングしなければいけないのだが、最初のトリミングでトリマーによほど痛い目にあったらしく、以来絶対にブラッシングさせない。おかげで普段は乞食の子みたいな恰好をしている。
トリミングはとにかく短くしてくれと頼んでいる。
この犬種なりのカットもあるそうだが、実際にはプードルカットになっている。

事前事後の写真を載せよう。


061203robiecutbefore004h

061205robiecutafter003h

「武士の一分」を観た

061205shuzenjimomiji_015h

映画「武士の一分」を観た。
5日は妻の琥珀磨き体験工房に客があったので、姿を外したのである。髪結いの亭主の心境である。
ただし、髪結いの亭主と武士の一分はこの際関係はない。

いつも書くように伊豆の東海岸には映画館がない。最寄の三島の映画館まで車で70分かかる。
もったいないから幾つか用を兼ねる。
今回は修善寺自然公園の紅葉見物と、韮山の江川代官邸の内庭特別公開の拝観をすることにした。

修善寺の紅葉は流石であった。
伊豆の東海岸は暖かく、まともな紅葉は見られない。だからいつも箱根まで紅葉狩りに行くのだが、修善寺なら気温も下がるらしく紅葉らしい紅葉を見ることが出来た。
幼稚園児が落ちた紅葉をたくさん集めて、それを身体に掛けて温泉ごっこをして遊んでいた。

映画「武士の一分」は、私は映画の評を書く柄ではないので、何も書かない。
ただ、檀れいが良かった。すごく良かった。
甲斐甲斐しいご新造ぶりだ。武家の若妻とはかくやであったか。慎ましやかで、そして美しくて。
このところ日本映画では男優ばかり目に付いていたのだが、久しぶりに女優に惹き込まれた。当分の間脳裏から離れないだろう。
山田洋次監督が「これほどパーフェクトな美人は久しくお会いしていない」と言ったという。
帰宅してから調べて、宝塚の娘役のスターだったと知った。身長は162cmだそうだ。もっと大きいのかと思った。

061205danrei

江川邸の内庭はこの時期だけの公開である。鄙びた、落ち着いた庭であった。
我々が知っている江川太郎左衛門英龍は東京湾のお台場を作ったり、大砲を作るために反射炉を作ったり、日本のパンの祖と言われたり、大変な偉人だが、英龍は第36代で、徳川家康に仕えたのは第28代英長、祖は清和源氏の流れをくむという。いまだに代は続き、当主は東大教授だそうだ。凄いDNAだ。

061205nirayamaegawayasiki006h

2006.12.02

花の消費がしぼんでいる?

今朝の新聞に「花消費このまましぼむの?」の特集記事があった。(朝日新聞-BeReport版)
読んでいない方もいると思うので、ここにまとめておく。
私自身は花消費が落ちているとの実感はない。

~~~消費減の例証~~~
・銀座の花屋 「93年頃が最盛期だった。クラブの開店ともなるとお祝いの2段の花かごが何十も歩道にあふれ、築地警察署に怒られたものだ。」「鉢物を常時20-30鉢入れている企業があった。新車発表会などではランの鉢をずらりと並べた。今は企業はリストラ、合理化、経費節減ですっかり厳しい。」
・スーパー・イオンの部長 「一般家庭も財布のひもが固い。花は嗜好品。ガーデニングブームも終わって、可処分所得が減る中、花に金を出さない。」
・総務省家計調査 切り花の年間購入額97年=13130円、05年=10562円 園芸品・用品年間購入額99年=11726円、05年=9044円
・農水省全国卸売り市場の切り花取扱い 05年はピークに比べ数量14%減、金額20%減
・愛知県JA西三河 主力のカーネーションの出荷が98年のピークから2割以上減った。コロンビアや中国の品質が良くなったため。
~~~~~~

企業の交際費減や花の輸入の増大は、我々の花文化とは無縁の世界だ。
この記事を書いたのは経済部の記者に違いない。

琥珀磨き体験工房の開き方

琥珀をちょっと磨いてみて琥珀の魅力にとりつかれると、ご自分で「琥珀磨き体験工房」を開きたいと思われる方が多いようです。

そんな方のために書いてみましたのでご覧下さい。
琥珀磨き体験工房の開設手順

そんなに難しいこととは思いませんが、琥珀磨き体験工房は全国に「アトリエ・ブルーアンバー」しかないようです。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

中古艇のネット・オークション

中古艇のネット・オークションの現状をご存知だろうか?

YAHOOオークションで、私の今のウオッチリストに入っているのはこの通りである。
 ここ 

また私の「中古艇相談とマリンサーベイ」サイトで、「中古艇オークション・ワッチ」のページを開いている。
ここ 

かってメーカー系列が牛耳る中古車流通業界に、オークション販売が風穴を開けたような華々しさはない。
しかし注目を続けたい。

今のところYAHOOオークションのみと言っていい。
楽天オークションは何やらお取り込み中だ。
ビッダーズにボートの出品はない。

« November 2006 | Main | January 2007 »