« わが庭の花-10/23 | Main | サンパチエンス2 »

2006.10.26

沼津港と展望水門

061025numadutennbousuimon


昨日、沼津港に行った。
沼津港の入口に防潮堤が出来、その上に展望室が出来ている。題して「沼津港大型展望水門・びゅうお」。
高さ30メートル。視界360度。
海のほうを眺めれば大瀬崎から駿河湾越しに久能山、遠く焼津の親知らず、手前には田子の浦。
港を見下ろせば魚市場や食堂街、すぐ先に香貫山。富士山も見える。
狩野川を見れば川向こうに我入道の部落や御用邸が続く。

香貫山と我入道の名前で、40年も大昔に読んだ小説を思い出した。
芹沢光治良の「人間の運命」、我入道の貧しい家に生れた少年が一高、東大に進み育っていく成長物語である。
たしか10数巻もある大河小説だった。
なんでこんな小説を読んだのか覚えていない。内容もさっぱり覚えていない。

案内してくれたHさんは先年トルコ旅行でお近付きになった方である。
沼津市のボランテイア・ガイドをなさっていて、この小説を読んだと言ったら我が意を得たりの感じであった。
Hさんのお宅からは駿河湾と富士山の両方が見える。沼津ではこの両方が見えないと高級住宅地でない。

昼食はもちろん沼津魚市場食堂街の「丸天」であった。
「うに・鉄火丼」(1320円)がまことにまことに美味であった。

沼津に行ったのは、私が静岡県の「花咲くしずおかアドバイザー」に登録されていて、その研修会のためだ。
演目は「病害虫と農薬」「最近の花緑情報」だった。

061025numadu_006

« わが庭の花-10/23 | Main | サンパチエンス2 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/12438168

Listed below are links to weblogs that reference 沼津港と展望水門:

« わが庭の花-10/23 | Main | サンパチエンス2 »