« 玩具を買った | Main | 巨大な本 »

2006.08.26

ボランテイア「活動」授受4-Acknowledgement

ニューヨークの林兄より、<ボランテイア活動にAcknowledgementは必要だろう>とのコメントを頂いた。

なるほど、Acknowledgementねえ。
「受取りを出せ」と云われても、さてそんなもの出していいものかどうか、右を見て左を見て上の方を見て、悩んで頭を抱えて、或いは怒って、結局何もしない受入れ団体・役所ばかりだろう。受けたサービスに報いる術を知らないのだ。
その点、Acknowledgement なら気軽に考えられる。

Acknowledgement=確認、承認、認証 か
何かいい訳語はないかなあ。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« 玩具を買った | Main | 巨大な本 »

Comments

 黒潮丸さん、こんにちわ。
 遅くなりましたが、わたしが描いているエクステリアの絵(パース)のURLをご案内します。
 「続・大急ぎで!!」で描いていたものは、まだ公開できません。ですから少し前のものですが、雰囲気はこんな感じです。
 平面図や立面図は載せられないのですが、いわゆる「CADで描いた線画」という感じです。
http://yufu.cocolog-nifty.com/_yufu/2005/07/post_02ed.html
http://yufu.cocolog-nifty.com/_yufu/2006/04/t_t_96cf.html

 このごろの記事には海の話題が多いですね。
 わたしは以前ラフティング体験で川のキーパーホールにつかまって以来、川が何となく怖いのです。ましてや、海なんて・・・わたしにとっても、人類にとっても未だ未知の世界、と思うと、足がすくんでしまう感じがします。黒潮丸さんは、怖くないのですか?

 黒潮丸さん、こんにちわ。
 わたしの気持ちなんですが・・・

 ボランティアは、「あたたかい気持ちが行動に現れること」だと思っています。
 あたたかい気持ちの中には「誰かに何かしてあげたいなぁ」とか、「ありがとう」とか、「うれしい」とか「たのしい」とか、とにかく良い感情が含まれると思う。
 良い感情、幸せな気持ちが、ボランティアする側にも受ける側にももたらされるのだと思っています。

 わたしの経験では、ボランティアを受けた時には、災害救助やサービスの提供などを通じて、他人が自分のために何かしてくれたことをありがたく思ったし、助かったし、した時には自分が他人のために役に立てた喜びとか、感謝されるうれしさとか、他の人と一緒になって活動する楽しさとかを受け取りました。

 acknowledgement「確認、認証、承認」を、わたしの経験から無理やり日本語に置き換えたら、「ひとのあたたかい気持ちを感じて受け取りあう」かなあ。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/11611175

Listed below are links to weblogs that reference ボランテイア「活動」授受4-Acknowledgement:

« 玩具を買った | Main | 巨大な本 »