« 現世利益 | Main | 草抜きは飯に似ている »

2006.07.28

米国産牛肉の売り方-狂牛病発症保険

大手スーパーが米国産牛肉を売るかどうか悩んでいるらしい。

なに、<シニア向け>として売ればいいんだ。ネーミングは早い者勝ち。
狂牛病は15年か20年後に発症するらしいから、年寄りは構わずに買うよ。

それとね、保険会社と組んで<狂牛病発症保険>を付けるといい。
<発症したら50万円>くらいの保険料は広告代とチャラだね。
当たるよ。売れるよ。

アメリカの保険会社は乗ってくるかな?
アリコはどうかな?

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« 現世利益 | Main | 草抜きは飯に似ている »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/11127882

Listed below are links to weblogs that reference 米国産牛肉の売り方-狂牛病発症保険:

« 現世利益 | Main | 草抜きは飯に似ている »