« 琥珀-ネット通販受注 | Main | 「茶会記の手引き」を読む »

2006.06.10

グラフィックソフト

Chikopansymix7

人は誰でも悩むのである。
この1週間の私の悩みはグラフィックソフトのことであった。

私は4,5年前からガーデンデザインのオンライン・セミナーを開講しているのだが、このところ全くの開店休業状態になっている。
仕方がない。
その代わりというか、実際の庭の植栽とか造園を頼まれるようになった。評判はいい。

ガーデンデザインを考えるとどうしても図面を描かねばならない。
私はスケッチはまるで駄目なのでパソコンで誤魔化したい。
たまたまGCrew8(ジークルーエイトと読む)というソフトに行き当たり、その熟練者を募ってパートナーとして教材を作ってもらい、ガーデンデザインの作図をするセミナーを開いたのであった。
私自身はセミナーの運営とか、実際の庭の植栽、オープンガーデンの活動に忙しく、(ヨットも琥珀もあるしね)作図を本気でマスターしなかった。
私の人柄がよく出ている。

本来こういう図面はCAD(というソフト)で描くのである。
しかしCADソフトは100万円以上するし(今なら50万?)、CADを使いこなせれば本格的技術者である。
私は最初からCADには近寄らなかった。
GCrew8は5千円である。非常によく出来たドローソフトだと思う。マニュアルなどパソコンソフトのマニュアル中で最高レベルだ。
それでこのソフトでセミナーを開講したのだが、すぐに開発元・販売元の会社がバブル時の不動産投機で潰れてしまった。
ソフト自体はいいものなので次々と扱う会社は出てくるのだが、やはり他人が作ったソフトには身が入らない。
使う側も継子では本気で付き合っていいのかどうか不安になる。
そういうわけでセミナーはぽしゃった。

最近、自分で描かねばならなくなって迷った。
GCrew8のほかに「花子」を持っている。これもドローソフトという触れ込みである。
買ったままあまり触っていない「花子」を引っ張り出して動かしたが、ピンとこない。レイヤーの操作がやり難い。
「PaintShopProX」というのも持っていて写真修正・加工用に使っている。これはペイントソフトだが作図も出来ると言っている。やってみたがやはりペイントであって図面は描けなかった。
この世界の定番は「アドビ・イラストレーター」「アドビ・フォトショップ」である。それぞれ8万円くらいする。
実はこの2本のヤミ版(8千円くらい)を持っている。よっぽど「イラストレーター」にしようかとも思ったが、今更新しいソフトをマスターするのもしんどい。ヤミ版だとサポートも受けられないし、近くに教えてもらう友人もいない。

悩んだ挙句、結局GCrew8に戻った。やはりいいソフトだ。
しかし躓いてしまった。詳細省略。
悩みは尽きない。

わがパートナーがGCrew8で描いたパンジーの絵と、現在私が設計・施工している「T邸植栽図」のGCrew8図(未完)を添付する。
Photo


« 琥珀-ネット通販受注 | Main | 「茶会記の手引き」を読む »

Comments

 黒潮丸さんこんにちわ!
 GWに諏訪湖の横を通ったら、三角帆が湖面を滑っていました。晴れて気持ち良さそうだな~と思ったら、ふと黒潮丸さんが頭に浮かびました。
 お会いしたことはもちろんないのですが、晴れた空とヨットが、セカンドステージをいきいきとしている黒潮丸さんに重なったのかなぁ、と思いました。

 パンジーの絵、とてもきれいです!
 花や葉の特徴もつかんでいて、リアルでデジタルチックで、いい感じですね。
 最初にページを開いて、「おぉ~ぅ!」と感激しました!

『CAD』
 高くて難しいというイメージがつき物なのでしょうか・・・
 わたしが使っている、エクステリア向けのCADは、昨年リリースされた最新バージョンが、180万円だそうです!!! び~~~っくり!
 今のところ、わたしはレンタルです。買えば営業の幅も広がるのでしょうが、とてもとても・・・(>_<)
 汎用のAutoCADでも15万円位するそうですね。
 手軽で普及しているのはフリーソフトのJW-CADだそうです。あいにく、わたしはこれを勉強していないので、使い方が分からないんですけど・・・。

 「Illustratorで図面かけますよ~」という知り合いがいます。
 かつてわたしは、手書きで書いた絵をスキャナして、Photoshop elementsで色付けして写真を貼って、体裁を整えてお客様に出したこともありました(^^;
 正確な縮尺の図面が必要なのでなければ、お客様の心に訴えかける絵をパソコンで描くことはできるのだと思いました。
 もちろん手書きの方が素敵なんですが、仕事をしているとそうも行きませんよね(>_<) 時間勝負・変更もありだし。。。 CADで描くと変更が簡単にできるのが強みですね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/10468292

Listed below are links to weblogs that reference グラフィックソフト:

« 琥珀-ネット通販受注 | Main | 「茶会記の手引き」を読む »