« 琥珀-仕入れ元 | Main | 花の種まき講習会 »

2006.03.03

久世光彦逝く―花筐はながたみ

いつの日か、「花筐」(はながたみ)というタイトルの本を世に出したいという願いを抱くようになったのは、いったいいつごろからだったろう。
―略―
何よりも、<花筐>という言葉は、美しい言葉だった。口にして香り高く円やかで、字に書いて、辺りに春霞が漂うように美しかった。たぶん<花筐>は、私が知っている日本の言葉の中で、五本の指に入るくらい、典雅な夢に誘ってくれる言葉なのである。

もちろんそれは、三好達治が昭和十九年に上梓した詩集「花筐」に負うところが多い。そこに収められた詩篇―中でも四行詩の数々に、十代半ばだった私は心を奪われた。
<青くつめたき石のへに/春のゆく日をあそびける/われらが肩にこぼれしは/花ともあらぬ柿の花>
<かへる日もなきいにしへを/こはつゆ艸の花のいろ/はるかなるものみな青し/海の青はた空の青>
<あはれしるをさなごころに/ありなしのゆめをかたりて/あまき香にさきし木蓮/その花の散りしをわすれず>

―略 檀一雄「花筐」(小説)、世阿弥「花筐」(能・狂女物) ―

もう彼らについて、あるいは彼らの狂乱の日々について書くことはないだろう。五十年にも及ぶ長い歳月の間、私の中に燻っていた<詩>への恋情は、書きおわったいま、嘘のように消えてしまったようだ。――これから足音もなくやってくるのは、<死>と親しむ季節である。

~~~~~~
(久世光彦「花筐」あとがき-2001・7より)

享年70才。私と同年である。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« 琥珀-仕入れ元 | Main | 花の種まき講習会 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/8920100

Listed below are links to weblogs that reference 久世光彦逝く―花筐はながたみ:

» 久世光彦さん急逝 [七五白書 (しらけないために)]
『〈畳の上では死ねない〉という言葉はいまでは死語である。ろくな死に方はしないという比喩としての意味はいきていても、実際畳の上で死ぬ人なんて、いまどきめったにいやしない。(略)申し合わせたように〈心不全のため……都内の病院で〉』と久世光彦著のエッセー「家の匂い 町の音ーむかし卓袱台があったころ」に書かれています。  人気ドラマ「時間ですよ」、「寺内貫太郎一家」で知られた演出家の久世光彦さんが2日、虚血性心不全で急死と報じられ... [Read More]

« 琥珀-仕入れ元 | Main | 花の種まき講習会 »