« 伊豆ガーデニングクラブの幹事会 | Main | 箒に乗る »

2006.01.14

「男たちの大和」3

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
海底に夜ごとしづかに溶けゐつつあらむ、航空母艦も火夫も

昨年6月に死んだ塚本邦雄にこの一首あるを思い出した。
彼の代表詠の1つである。

« 伊豆ガーデニングクラブの幹事会 | Main | 箒に乗る »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「男たちの大和」3:

« 伊豆ガーデニングクラブの幹事会 | Main | 箒に乗る »