« 8.6Kgの鯛 | Main | 書の至宝展 »

2006.01.31

琥珀&撮影ボックス

PICT0015


060129-camerabox001
PICT0011
PICT0016

妻がこのところ琥珀に凝っている。原石を磨いて石に仕上げるのだ。
琥珀は太古の樹脂の化石で、サンドペーパーで磨くとえもいわれぬ香気が漂う。
そこが魅力の根源のようだ。

写真を撮るために撮影ボックスの製作を志した。
Webに参考事例があった。ここ

ありあわせのダンボール箱を切り抜き、上面にトレーシングペーパー(光を和らげるため)、サイドにアルミのクッキングホイル(軽く揉んで乱反射させる)、底面から背面に黒い紙をアールを付けて、貼る。
接着はすべて両面テープ。
この箱で幅34センチである。前にあるのはレフ板のつもり。

さて撮影の結果は。
光源の具合など、まだまだ改善、習熟の必要がある。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« 8.6Kgの鯛 | Main | 書の至宝展 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/8430808

Listed below are links to weblogs that reference 琥珀&撮影ボックス:

« 8.6Kgの鯛 | Main | 書の至宝展 »