« October 2005 | Main | December 2005 »

2005.11.29

河口湖は満員

051124-panelexibi-hanging006s


051124-panelexibi-hanging008s
051124-panelexibi-hanging014s
051128-kawagutiko002s
051128-kawagutiko2002s
∞∞∞∞∞∞∞∞∞
年寄りなりに忙しい。

24日
花咲くしずおか・グリーンアドバイザーというのをやっていて、その大会出席で静岡に出かけた。
汽車で行っても車で行っても2時間強である。
会場にハンギング・バスケットや寄せ植えがたくさん飾ってあったが、数年前から思うとみんな随分巧くなっていると思う。
ハンギングなんて、と遠ざかっていたが置いていかれたようだ。
会場の一角に伊豆ガーデニングクラブの活動のパネル写真を展示した。

26日
上野池之端の旧岩崎邸庭園に寄った。邸が主で庭としてはあまり見るべきものはなかった。
昼食は池之端の伊豆栄でうなぎを食べた。
午後からガーデニングの講習会に出席。終わって懇親会で、神田小川町の飲み屋に行った。
飲み屋なんて滅多に行かないので珍しかった。
成るほど、酒が入ると話ははずむものだ。

27、28日
旧勤務先のOB会で河口湖に行った。
伊東から修善寺、三島を通って246で御殿場に向かい、籠坂峠から山中湖、河口湖に至る。昼食を入れて4時間半。湖岸のホテル・湖南荘に着いた。
河口湖は賑やかであった。
翌日河口湖美術館で庭の掃除をしていた小母さんに聞いた話では、河口湖のホテル・旅館は連日満員だそうだ。
湖岸にクローズしている施設は全くない。熱海や伊東は目抜き通りの30%がクローズしているのに。

29日
わが住まいのあたり定住約30戸で伊豆急分譲地の中の1つの区画となっていて、その防災役員を7年やっている。もういいだろうと交代案を提案し、抽選することになりわが庭に集まった。
たまたま妻がシシユズという直径15センチもあるユズを頂戴し、それを文旦漬けみたいにしたのがあったので皆さんにお出しした。
そんなユズがこの分譲地内で採れるのである。しかも28日のTV4ChとNHKでシシユズのニュースが出たという。
抽選は無事に終わった。

2005.11.23

S病院3つの吃驚(びっくり)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
近くの熱川のS病院が無料の健康診断をしてくれるというチラシを見たので出かけた。
これまでなら絶対に近寄らないのだが、年令も1つの大台を超えて、妻の言葉に従ったのである。

行って驚いた、驚いた、3つの吃驚びっくりであった。
吃驚1.受付・待合から各科待合、食堂、病棟、すべての場所に黒檀紫檀の中国家具が多過ぎるほど置いてある。てっきり倒産ホテルを買い取って病院にしたのだと思ったら、もう20年前からの病院だそうだ。小児科、歯科がないだけの総合病院である。ヘリコプターまで持っている。
吃驚2.いろいろ問診があって、骨密度や心電図をとってくれて、講演会があって、そして昼食まで出してくれて無料だという。今後もリハビリ用の運動器具は自由に使ってくれ、昼食も無料で出すという。
吃驚3.かねて下脚部に静脈瘤があり、何の気なしに聞いたら要チェックだという。

300人の老人の入院患者をかかえて、経営はずっと順調だったらしい。長期入院患者専門で、地元の外来は受け付けていなかったようだ。
しかし昨今それでは駄目だ、保険医療を取り消すと役所から言われて慌てているのだ。それで無料の診断、無料の昼食で地元民にアピールし、大いに宣伝してくれと言うことなのだ。まるで下にも置かないサービスぶりであった。

しかしタダ飯に騙されない私はじっくりと病院の前庭周辺を観察し、花植栽の改善提案をまとめたのであった。
近く文書にして提出する予定である。

2005.11.21

ホープレス・ポジション

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ヨットレースで例えばブイを回ろうとする時、参加艇の目指すコースはブイの1点に集中する。
それまでは各艇の戦略によりばらばらな位置にいても、ブイ回りには全艇が1点を目指す。
この時トップ集団の何艇かが競り合うのだが、最初に抜け出した艇がみるみるスピードを上げ、2位の艇はたちまち遅れ置いていかれる。
これは生の風 fresh wind を受ける艇は強い推進力を得るのに対し、先行艇に乱された風を受ける艇はそれだけの推進力が得られないからである。一旦乱された風は弱いのだ。
この位置をホープレスポジションという。
そのままでは絶対に先行艇を抜けない。遅れても上に回って抜き返すか、下に離れるかしかない。ヨットレースは相手をホープレスポジションに追い込む競技でもある。

漕艇においても先行艇の航跡に入ったら、fresh water を奪われたら遅れるのではないか?

昨日、高橋尚子が35キロまでずっと2-5番手で fresh wind を避けているのを見てヨットレースを思い出した。

2005.11.19

花の苗をもらった

051119seedleaf_001


∞∞∞∞∞∞∞∞∞
花の種を播くのに夜の温度が15度に下がるのを待っていて、ついうかうかして10月28日になってしまった。例年より7-8日遅かった。
そしてこのところ急に寒くなり、秋なしでいきなり冬になった感じである。
このため苗の成育がやや悪い。大きな苗はいいのだが、もっと細い小さな苗は発育が悪い。心配だ。

昨日、アグロステンマ30株を2ヶ所に、ゴデチャ60株を4ヶ所に、スイトピー20株を2ヶ所に定植した。今朝見たらしっかり水揚げしている。

今日IGC会員のMさんのところに寄ったらいろんな苗が出来ていたのでついおねだりをしてしまった。
彼女の苗は外国取り寄せが多いから、どんな花が咲くか判らない。名前だけはしっかりメモしてきた。
フェリシア-スプリング・メルヘン
フロックス-Creme Brutee
カリフォルニアポピー 白
ストック
OMPHALODES linfolia Hails in Spain
Mustard Gai
写真がもらった苗である。

1年を通じて、蚊のいなくなったこの時期、春の準備や土木工事や冬囲いや室内取込みなど、一番よく働く。
ガーデンボランテイアは今頃欲しいのだが申込はない。

2005.11.18

葉ボタンを作る

051118kawadu_003


051118kawadu_005
051118kawadu_011


∞∞∞∞∞∞∞∞∞
わが伊豆ガーデニングクラブの会員で河津在住のYさんの話である。
農家のおじいさんだが花好きで、河津花の会の会長である。畑を花壇にしていて昨年は県の賞をとった。
花壇に葉ボタンがいっぱいあったので「町場では小さな葉ボタンばかりで大きなのがない」とこぼしたら、「あれは矮化してあって大きくならない」と一言。

なんでも今年は町に頼まれて葉ボタンを5千株育てたそうである。そんなに葉ボタンを作ったのは初めてだそうだ。
値段を聞いたら100円だというので「50万円か」と言ったら、「100円でもとても合わない」と言った。
8月に1万粒の種を播いて、芽が出たところで20センチ間隔に1株づつ植え替える。「6000株植えたが暑い最中で、婆さんと2人で、大変だった。」という。
そしてすぐに虫がつく。青虫が葉を食べる。毎日駆除しなければならない。そのうちに根きり虫も出てくる。とにかく暑い最中で、毎日続いて、大変だ。オルトランを播くが10日でまた播かなきゃならない。それが11月の出荷の最後まで続く。
「100円で合わない」というのは、彼は生産農家だから他の作物に比べて引き合わないということだろう。

昨日今日で全部出荷して町中に配ってきたそうだ。河津町内の花壇は今年は葉ボタンで飾る計画らしい。
帰り道、もう花の会の人たちが植えていた。

2005.11.15

ボートを漕いで千島へ!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
「北洋の開拓者-郡司成忠大尉の挑戦」(豊田穣 講談社 94年刊)を読んだ。
早く北方領土に関心を持ち、探険家で、幸田露伴の実兄であることは知っていたが、まさか隅田川から千島までボートを漕いで行こうとした人とは知らなかった。

~~~~~~
明治26年、郡司成忠退役海軍大尉率いる報効義会会員38名は北千島に向かうべく、隅田川言問橋から短艇5艘(海軍払下げの9メートルのボート)を漕いで出航した。
目的は海軍経験者により北千島最北端シュムシュ島に入植し、わが国土・資源・権益を確保しようというものであった。多くの賛同者を得たが資金は集まらず、それならばと漕艇による航海を決行したのであった。
明治8年ロシアと日本は樺太と千島を交換し、当時千島列島全島が日本領土であった。日本政府はカムチャッカと交流のある千島アイヌをエトロフ島などに移住させ、シュムシュ島は無人であった。

途中、八戸から白糠港に至る間、荒天により2隻が遭難し19名が死亡した。
シュムシュ島に到り最初の越冬、、次年の越冬で15名が死亡した。

郡司は2年目の越冬の前に日清戦争に応召し、白瀬陸軍少尉がシュムシュ島の次年目越冬の指揮をとるが、6名中3名死亡1名精神異常の辛酸を嘗めた白瀬は以後の郡司との行動を断る。後に南極探検で名を残す。

日清戦争の勝利で北方に向ける国内の眼も変わり、多少の資金も得て明治29年郡司は第2次入植隊を出発させる。家族を含め56名であった。
結婚式あり、子供も生まれ、一行の入植生活は一応の安定を得る。

明治37年日露戦争勃発。
これを聞いた郡司は、北方における陽動作戦でロシア軍を牽制するべく志願者19名の義勇隊でカムチャッカに進攻するのである。この時郡司が立てた「天地長久日本領 報効義会」の標柱は現在ハバロフスク博物館にあるという。
結局郡司は捕らえられ、戦後の捕虜交換で帰還する。


2005.11.12

キッチンガーデンの土留め

051111-KIchenGarden


∞∞∞∞∞∞∞∞∞
キッチンガーデンに土留め柵を作った。

わが家のキッチンガーデンは母屋の西側にあり、道路から3尺ほど下がっていて日当たり悪く、狭く、あまり良い畑ではない。
もっぱら妻の守備範囲で私は手を出さない。

4、5年前にコナラの太幹で周囲を囲って土留めにしていたのだが腐ってきた。
それでコンクリートの出来合いブロックを並べたのがこの写真である。
これから土を足してやる。
これなら土も流れず、畑の面積も若干増えただろう。

基礎は砕石を5センチ敷いて、その上にセメントと砂を混ぜたのをそのまま敷き、そしてブロックを置いて水をかけた。
もちろん水で練ってモルタルにして使わなければ強度は出ないのだが、庭のコンクリート工事はあまり固めてしまうと撤去する時にいやらしいのでこんな簡便法にする。
これだとブロックは一応治まっていて、外す時は簡単に砕けるのである。
051111-Robie

2005.11.10

今週の花卉市場11/8

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
今週の東京大田市場の花の苗出荷状況です。

ここからどうぞ

アフィリエイト・プログラム4

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
さてアフィリエイター受入れの態勢は整ったのであった。
いよいよ申込みを受け入れるばかりである。

わがホームページのトップページに「アフィリエイター受入れ開始!」と謳った。
L式の会社が、自分の持っているリストに告知を出してくれた。通常はそれで数十件のアフィリエイト契約希望の申込みがあるという。

来ましたね、申込みが。全てL式のリストから。
即日8件のアフィリエイト申込みが入った。
その内容は?結果は?

惨憺たるものでありました。
8件のうち3件はいかがわしいサイト、もしくは内容記入不十分なサイト。すぐに断った。
4件は所謂アフィリエイトをビジネスにしようとするだけのサイトで、どれも非常に低レベル。殆どビギナー。とてもここで買い物をしようなどと誰も思わないサイトであった。
まともな内容のあるサイトは1件のみだったが、これとて1日2-3件のアクセスしかない貧弱サイトであった。

それから10日あまり経つが、L式経由の申込はその後ない。
わがホームページからの申込は未だに1件もない。
当然のことながらアフィリエイト報酬の対象となる「セミナー受講申込み」は1件もない。

これをどう考えるか。ゆっくり考えよう。

抜根の道具

051110bakkon_002


∞∞∞∞∞∞∞∞∞
この写真は何であるか?
つつじを1株抜くのに使用した道具である。
これだけの道具を使って、2時間かけてようやく1株を抜根した。
抜いた根が上部に見える。枝は刈ってある。
つくづく力がなくなったなあと思う。

上から、
手鋸
太幹伐りの剪定鋏━太い根はこれでないと切れない
剪定鋏
穴明け棒━鉄棒の先が尖っていて、足をかける横棒と、手元にTの字の取っ手が付いている。本来は穴を開けるものだが、地中の石を掘り出す時など威力を発揮する。
唐鍬
ショベル━両サイドに刃が付いている

さてこれからアメリカザイフリボクの可愛い苗を植える。
051110bakkon_006

夢見るあのジューンベリーが成るのは何年先であろうか。

2005.11.09

植える場所

Juneberry


∞∞∞∞∞∞∞∞∞
やっと「おぎはら植物園」(北佐久のナーセリー )から届いた苗を植えた。
ここの苗は多年草や花木だから、いつものことながら植える場所には本当に悩んでしまう。

今年一番困ったのはジューンベリーの植え場所だ。
これはベリーといってもブルーベリーやブラックベリーとは全く違う。
ハナミズキのような形で3メートルくらいの高さになる花木である。春、真っ白な花を付け、そしてサクランボのちょっと小さいような赤い実をたくさんつける。この実の成った姿が好きだ。アメリカザイフリボクともいう。

さてこれをどこに植えようか。
樹高とか日照を考えて、もう植える場所はない。
妻に相談したらツツジを抜け、と言う。
言うは易く行うは難し。木を抜くのは精神的にも肉体的にも大変なのだ。
しかしそれしかない。

半日は充分かかるだろう。

2005.11.06

市民病院植栽ボランテイア

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
伊豆ガーデニングクラブでは伊東市民病院前庭の花の植栽を引き受けている。
クラブ85人の中で植栽ボランテイアに参加しているのは10名ほどである。

来週が有志みんなで植込みを行う日なので、今日は幹事2人で資材の搬入と前作業をした。
牛糞堆肥、化成肥料、苦土石灰、培養土を購入して病院の倉庫に入れた。
現場にオシロイバナや雑草が繁っていたのを片付けた。
苦土石灰、堆肥、肥料を散布した。

雨が降ってきたので1時間で引き上げた。
植込み日の前に花壇のデザインを考え、苗を購入して運ばねばならない。

2005.11.05

映画「Always」を見た

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
映画「Always-3丁目の夕日」を見た。
なんとも他愛ない話で見るほどの映画でもなかったが、昭和33年の商店街や店舗をスタッフが必死で集めた品物で当時を再現したというコマーシャルに釣られて見てしまった。

昭和33年と言えばわれらが卒業・就職の年である。
東京タワーが建設中で、その下の商店街だから芝のあたりか。
42年頃芝税務署の近くに住んだから地域への親近感もあった。
走る車はダイハツミゼットの現物。吸っているタバコはピース、新生。銀座風景などは当時の実写の合成か。
ヒロインは青森からの集団就職中学生である。自分が集団就職生でなく33年に大学を出られたのは幸せなことだったのだとあらためて思った。

それにしてもコマーシャルの威力は凄い。
見るはずもない映画を見させてしまうのだから。

この映画のPRブログがあり、そこに多くの人が投稿している。
 「Blog昭和語録」

ほとんどが昭和30年代生まれで、10年代生まれは1人も見なかった。
それぞれ懐かしの写真を貼付している。私も何か1枚、と思ったが、引揚げで全てを失ったわが家に私の小学生時代の写真は1枚もないのだった。

2005.11.04

オープンガーデンの奇縁

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
昨日はオープンガーデンでTEASの客2人を迎えた。

庭で持参の弁当を食べて頂いたが、その方が駒沢2丁目に住んでいると判った。
わが家と数十メートルの場所だ。
オープンガーデンの奇縁である。

*TEAS
庭でお茶とケーキを出すおもてなし。有料400円。要予約。
伊豆オープンガーデンでは半数の庭でこのサービスを提供する。イギリスのオープンガーデンにならって始めた。

2005.11.03

今週の花卉市場11/1

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
皆さん、ガーデンの春の準備は如何ですか?
球根は埋めたい。苗は植えたい。播いた種から出てくる苗の植え場所は大丈夫か?
忙しいことです。

今週の東京大田花卉市場の苗物入荷数量です。初顔はデージー。
花卉市場

2005.11.01

アフィリエイト・プログラム3

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
アフィリエイト・システムを探して2つやってみたがうまくいかなかったこと(1つ7千円くらいで購入)、L式を見付けてCGIスクリプトを購入し(15800円で購入、あと毎月千円)、わがサーバーにアプロードしようとしたが出来なかったこと(パーミッションの問題)、そこでその会社のサーバーにあるL式を使用する方式にしたこと(年間52千円のところ割引期間で40千円だった)、までを前回9/29にご報告した。

すぐに開始出来るはずだったが、好事魔多し、折りしもわがホームページのサーバーが引っ越すことになった。
レンタルサーバーで、これまでにアメリカだシンガポールだとあちこち引越し、今回は香港に移すのだという。
その度になんだかんだ手間がかかり暇がかかる。今度は10日もがたがたしてしまった。
好い加減もうどこかに乗り換えるべきなのだろうが、電話するといつも社長が出てくる小企業で、腐れ縁である。

さていよいよL式である。先方からスクリプトを送ってきてそれをカスタマイズするのだが、毎度のことながらうまくいかない。8割方は当方の低レベル能力のためである。それと解らない時はまた明日、また明日で急がないから日が掛かる。庭仕事もある。
なんだかんだで10月25日頃、一応体制は整った。
アフィリエイト・システムのパッケージを探し始めたのが9月10日頃だったから1ヵ月半かかったことになる。楽天の社員だったらクビだね。

いよいよわがホームページに<アフィリエイター募集>を出した。
L式でも自分が持っているソースに宣伝を出してくれるという。
アフィリエイター募集

さてさてどうなりますことやら。
次回のお楽しみ。

« October 2005 | Main | December 2005 »