« IGC会員名簿送付の件 | Main | 私の花修行2 »

2005.07.31

私の花修行

HB-TestWork-9909


∞∞∞∞∞∞∞
私は仕事としては石油販売の営業、趣味としては麻雀やダンスやラグビーやヨットで現役時代を遊び暮らした人間である。どういう修行をして花咲爺さんになったのか、大方のご疑問にお答えしよう。

3つの大きな修行があったと思う。
1.ハンギングバスケットの勉強
2.ガーデンデザインの勉強
3.花の名前を覚えたこと

1.ハンギングバスケットの勉強
 1-1)カナダ体験
  97年夏、アラスカからカナダまでのヨットによるクルージングに参加した。これはこれでわが生涯の大イベントだったのだが、そのカナダ到着港ヴィクトリアでのフラワー&ガーデン体験が現在の私に大きな影響を与えている。
  長途航海の疲れを癒すべくヴィクトリアとバンクーバーでゆっくりと休んだ。そこでたまたま個人の庭めぐりツアーに参加し、ブッチャート・ガーデンを見学し、街中にぶら下がるハンギングバスケットに目を奪われた。後から知れば世界一のハンギングバスケットの都市であった。
  見ながら、歩きながら、是非これを伊豆で実現したいと思った。伊豆の気候なら1年中ハンギングをぶら下げられるのではないかと思った。伊東の駅、伊東の駅前通りに提げて伊豆をハンギングバスケットの街にしたいと思った。
  そして伊東に帰ったのだが、さてハンギングバスケットを作るのに何をどうしたらいいのか何の知識もなく、伊東でハンギングバスケットを見ることもなく、夢はそのままになっていた。

 1-2)伊豆ガーデニングクラブの発足
  それより先、97年春ころより伊豆でオープンガーデンを始めたいと仲間作りの勧誘を始めていた。
  かねての計画通りリタイア後伊東に定住したのだが、妻の様子がおかしい。要するに話し相手がいないのである。2日も3日も誰とも言葉を交わさない生活が続いたりしていた。これはまずいと思った。
  それで妻の仲間作りのために英国やNZ、カナダで見たオープンガーデンを伊豆でやろうと志したのであった。しかし反応ははかばかしくなかった。個人の城として囲った庭を一般に公開するとはどういうことか。どんな人が入ってきて何をされるか判らない。不安ばかりが先に立って最初賛同者は少なかった。

  ともあれ一度声を挙げて集まってみようと伊豆新聞に呼掛けを出してもらったところ、「オープンガーデン」ではなく「ガーデニング」と出てしまった。そしていきなり50人も集まってしまい、その場で「伊豆ガーデニングクラブ」が発足したのであった。50人以上ものクラブの運営は妻の手に余る。結局私が事務局を務めることとなった。98年の2月である。

  事務局長としてまとめ役になったはいいが、当時の私にはまるきりガーデニングの経験はなかった。
  そもそも趣味の集まりでリーダーとなるのはその道の先達である。俳句でも踊りでも絵でも、なんでもそうである。そうであってこそ人がついてくる。経験がなく何にも知らないではクラブをまとめていくことは出来ない。
  98年の10月からガーデニングクラブの有志でオープンガーデンを立ち上げたが、その運びに強引さがあったりして軋轢を生じ、脱退騒ぎに発展した。分派の勧誘攻勢は激しく、当初会員の3分の1が脱会する事件となった。

  誰もどういうものか判っていないオープンガーデンを日本で最初に始めるにあたり( たまたま岩手と仙台が同時期に発足したことを後で知ったが )、それほどお互いの思いの違い、疑心、不安があったのである。

 1-3)ハンギングバスケット&グリーンアドバイザー講習会受講
  都会からやってきた人間が、何の経験もないのにいきなり大勢集めてクラブを作って主宰する。なんだこ奴は。
  伊豆に住んで長い人、ガーデニング経験の長い人にとってさぞ鼻につく、むかつく行動だっただろう。造反もやむを得ないことであったと今にして思う。私にあったのは<オープンガーデン>の掛け声だけだった。

  さすがに向こう見ずの私も、何か技術や知識を身につけないとやっていけないと思わされた。そこで気にかかっていたハンギングバスケットについて調べてみると、<ハンギングバスケット・マスター>という資格があることが判った。東京、名古屋、大阪では講習会があり、10回くらいの講習で25万円である。交通費を考えたら相当の額になる。
  どうしたものかと考えていたら、清水市の花卉市場で講習会があるとの情報を得た。月2回、19時から2時間の講習が6ヶ月である。伊豆高原から清水市まで峠を越えて110キロの道のりである。
  この12回を1度も休まずに通ったのであった。

  大変勉強になった。なにしろベースが何もないのだから、すべて初めて教わることばかりであった。特に植物の生理についての勉強は今の私の植栽技術のベースになっている。貴重な講習であった。
  この講習はグリーン・アドバイザー(ハンギングバスケット・マスターより幅広い知識を求められる上位?の資格)受験のための講習会で、講師のレベルも生徒のレベルも非常に高く、30人がほとんど休まずに通った。
  一方試験には知識だけでなく実技もあるので、やはり清水市のハンギングバスケット・マスターのところに通って実技に励んだ。これまたまったくのビギナーからのスタートでハードな体験だったが得るところ多かった。
  こうして99年の秋に受験し、ハンギングバスケット・マスターの資格を取得した。伊豆半島で第1号の資格者であった。
hb-testroom-9909


 1-4)ハンギングバスケットに対する所感
こうしてハンギングバスケット・マスターとなり、近くの園芸センターとか花の会から講習会の講師を依頼されたりするようになった。しかし最近ハンギングバスケットに打ち込めない感じを持ち始めている。
  カナダで憧れ、伊東中に1年中ハンギング・ボールをぶら下げたいと始めたハンギングバスケットだったが、いざ実際にやってみるといろいろと限界が判ってきた。

  ア.最大の問題は夏の暑さである。伊豆にはカナダの冬の寒さはないが夏の暑さがある。植物はこれに耐え得ない。ましてバスケットに植え込むために土の量は少ない。水の補給も難しい。もちろん冬の花も難しく(でも夏より楽)、年間通しての開花維持は予想以上に難問だった。

  イ.吊るす場所がない。ハンギングバスケットは本来ボール状に咲かせた花を吊るすものだが、吊るには支柱か壁からアームを出したフックが必要である。安全な支柱を立てるには相当のコストがかかる。壁からアームを出す場合は相当の壁強度がないともたない。モルタル壁などでは吊れないのである。
  このためわが国ではボールではなく半球にして壁に接して吊るすウオール・ハンギングが主流になっている。要求強度は半分以下になる。しかし私の意見ではこれは窓際に鉢を飾るのと本質的に変わりない。私はウオール・ハンギングは教えない。
  普通の民家でボール・ハンギングを吊るす場所はほとんど見当たらない。
  アーケード商店街などでボール・ハンギングを吊るすとしても、日照を考えると車道側になる。新たな支柱も、アーケードからの支点も、自動潅水装置も、殆ど設置不可能である。
  吊るした花に水をやれば、どうしても水が垂れる。公共の場ではこれも難しい問題だ。
  ガーデニングショーの会場などを除き、JR川口駅の横の公園のボール・ハンギングが私の知る限り唯一の実地成功例である。

  ウ.さいわい伊豆は土地の余裕がある。わざわざ窮屈にバスケットに植え込まなくても地植え出来るのである。伊豆ではハンギングバスケットはあまり流行らない。

ハンギングバスケットに打ち込めなくなった私であるが、この勉強が私にとって強烈な花修行になったことは確かであり、ハンギングバスケット・マスターの資格制度に存在意義を認め、感謝している。

試験会場風景と審査のための出展作品の写真を添付する。作品は3週間後の審査に合わせて開花するよう制作する。

« IGC会員名簿送付の件 | Main | 私の花修行2 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私の花修行:

» ハンギングバスケット [ブログで情報収集!Blog-Headline/interest]
「ハンギングバスケット」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜ... [Read More]

« IGC会員名簿送付の件 | Main | 私の花修行2 »