« 今年5月のマイガーデン | Main | 古希の祝い »

2005.06.27

九州西岸-佐世保・平戸(完)

050606-sasebo-Kongo


∞∞∞∞∞∞∞
枕崎-平戸のクルージングリポートを終わらせましょう。

佐世保でも観光バスに乗りました。
「海上自衛隊・佐世保資料館」に行きました。昔の将校クラブですね。
30分しか時間がなかったけど、半日いても足りなかったところです。
米軍基地の占める大きさ、佐世保重工にまつわるいろんな思い出、観光バスはいいです。

イージス艦金剛が着桟していたが、金剛は海上自衛隊の一方の旗艦みたいな存在のようです。
ネットでは戦艦大和と金剛とどちらが強い?なんて議論がされています。イージス艦の意味は判りませんが。

佐世保は私が引揚げてきて上陸した土地でもあります。

九十九島も観光船で巡りました。この1000円は安い。

平戸はいい港です。
長崎より先に開港地になったのも判ります。
領主の松浦氏は秀吉の朝鮮遠征に参戦して功をたて所領を増やした。関が原の役には日和った。
徳川になってなんとか所領安堵したが、その朱印状の宛先は<豊臣鎮信殿>となっていた。現物が平戸城に展示してあります。
この時代の徳川のスタッフの才知に感服します。
驚愕した松浦氏は建てたばかりだった平戸城を自ら破却して恭順の意を表します。
再建は100年後になります。
大きな城ではないが、海辺の石段の第1段から天守閣まで昔の城なのが嬉しい。

天草から平戸まで、九州西岸一帯は切支丹の影の色濃いところです。
私はキリスト教にはまったくシンパシーを感じないので、過剰な切支丹には辟易しました。

私は平戸までで艇を下りました。
《玄象》は今頃加太の瀬戸あたりでしょう。

今回のクルーズで旨かったもの
・枕崎の駅前飯屋のかつお刺身定食
・野母崎の飯屋のちゃんぽん
・長崎出島ワーフのざっこえびとアーテイチョークのトルテイーヤ
・ハウステンボス-ヌエヴァ・カタルーニャのパエリア
・ハウステンボス-ホテル・デンバーグの小エビのカレーライス
・平戸オランダ館のじげもん鍋

« 今年5月のマイガーデン | Main | 古希の祝い »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 九州西岸-佐世保・平戸(完):

« 今年5月のマイガーデン | Main | 古希の祝い »