« 庭仕事で肩を痛めた | Main | 地元テレビで宣伝 »

2005.04.26

先生-4

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
先に、露伴の「五重塔」でも持ち出すかもしれないと書いたが、書庫から持ち出したのは「幸田露伴」(塩谷賛 中公文庫)であった。
これは露伴の伝記であり、文庫4分冊1500ページにもわたる大著で、20年も前に買って充分読めないまま置いてあった本である。今回、拾い読みに半分くらいを読んだ。
著者塩谷賛は露伴の書生・助手として長らく露伴の口述筆記を行った。露伴没後岩波の露伴全集編集にあたり、昭和33年9年の歳月を費やして刊行を完了した。
2年後、塩谷は視力を失う。失明後に稿を起こし、馬琴以上の勇猛精進をもって「幸田露伴」の執筆にあたった。4年を要して昭和43年完成。著者にこの事業を遂行させた最大の力は露伴に対する尊敬と心酔であった。

巻中より「先生」にかかわる挿話を1つ紹介する。
昭和16年の夏。真船豊(劇作家)が夫婦で塩原温泉に遊びにいったところ、旅館で番頭から「幸田先生がご滞在ですよ。言いましょうか。」と言われ、驚いてやめさせた。

以下~~~~~~の間は塩谷賛の原文のまま。
~~~~~~
数日考えに考えた末、お宅に上がってお目にかかれる方ではないが旅のことだから一度だけと心をきめ、衣服を改め名刺1枚を手にして参上した。しかし露伴は白鬚を胸に広げて大の字に寝入っていた。真船は名刺だけを厳かに置いて引き上げた。
夕食をしているところに番頭が現れて、「幸田先生が、先刻はこういうかたがみえたのに寝ていて大変失礼した。もしよろしかったらお出かけください、ということです。」と伝える。真船は箸を置いてすぐに立ち、着物を着替えて出かけた。露伴はひとえの上に黒絽の羽織の紐をきちんと締め、端座して待っていた。
露伴に聞かれて真船は自分のことをこう名乗った。「私は会津のいなかの酒屋の倅でございまして、時々東京へ商用で参りますものでちょっとこちらに立ち寄りましたら先生がご滞在になっておられるよう伺いましたので、大変不躾ではございますがご挨拶申し上げたくて突然・・・・」というのであった。嘘をつくつもりでこしらえたのでないこんな嘘が飛び出してしまった。相手は偉大な文人で自分は文士のはしくれにすぎないという意識がこういう言をなさしめたのである。
~~~~~~

「おお会津から」とそれを口火に露伴は酒のこと、醸造のこと、会津のことと語りだす。その内容がすごい薀蓄で、真船はお話を承っていてもせいぜい30分がやっとでお暇する。そして必死で聞いたことを書き留めるのであった。
それにつけても羨ましいのは女というもので真船の妻は毎朝お薄をたてて露伴のもとへ持ってゆく。さしあげたあとはそこに落ち着いて露伴の話を聴いている。ひるになって帰り、その日聴いたことを一々夫に話して聴かせる。夫はそれを書き留める。真船の妻は酒屋の女房を務めるのに苦労したそうである。

~~~~~~
「このあいだ東京から孫娘が来ましてな。この手すりから見ていると、その孫娘がはだしになって急流の瀬を越して川の中の洲へ行き、また早瀬を越してこちら側へ帰る。同じことを何遍も繰り返して遊んでおりまして、早くやめればいいのにと思って眺めていると頭に詩の一句が浮かんだのです。<脱履(だっく)してショウケイを欣ぶ>という文句で、700年も前にあちらの人はうちの孫娘と同じことをして自然を喜び、それを詩にまで詠んでいるのでした、これは蘇東坡の詩にある文句です。」
~~~~~~

露伴が引いた詩句のショウケイが真船にわからない。その場でただす勇気はない。こんな句が判らないというのでは話の腰を折ってしまうことになろう。
いろいろ案じて<渉渓>という字に思いいたった。東京に戻ってあちこち聞いて回ったが誰も知らなかった。ある1人が露伴に出入りしていて、、直接聞いてくれた。
「真船は渉渓だろうと自分で決めておりますが」と言ったら、「字が違うよ。小さく掲げる、その<小掲>だ。」と露伴は教えた。聞いた真船は喜んで叫んだ。「ああ、目に見えるようだ。ちょいと裾を掲げて水を越すさまが。字というのはなんと恐ろしいものだ。」と。
その後久保田万太郎にこの話をすると、「日本にもそれと同じ詩がありますよ」と言って、<夏川を越す嬉しさよ手に草履>という俳句を示した。作者は蕪村。
また後に、蕪村の句はさきの蘇東坡の詩を訳したものと知れた。

露伴の座談は常にかくのごとくであった。
露伴に会った人は誰も、斉藤茂吉であれ岩波茂雄であれ小林勇であれ、聴いたことを日記に書き留めている。

« 庭仕事で肩を痛めた | Main | 地元テレビで宣伝 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/3868789

Listed below are links to weblogs that reference 先生-4:

« 庭仕事で肩を痛めた | Main | 地元テレビで宣伝 »