« 壮途を送る | Main | お好み焼きのメニュー »

2005.04.11

グーグルシェアー

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
グーグル・シェアという言葉を聞いた。
例えば「日本」と「小泉」を入力して出てきた検索件数を、「日本」だけの検索件数で割るのである。
いまやグーグルにおける「検索件数」は、「ネット上に存在するページ数」と言い換えてもいい。
この場合、3.2%である。このパーセンテージを「持ち分」と言っている。「ブッシュ」は「アメリカ」の2.8%の「持ち分」という。

「ポニーキャニオン」(検索件数1,150,000)でやってみた。
フジテレビ(82,800)7.2%
ライブドア(52,000)4.5%
ニッポン放送(40,400)3.5%
これをどうみるか。
フジとポニーには長年にわたる取引関係の積み重ねがあり、82800にはそれが反映している。しかしライブドアとポニーとは我らの知る限りわずかここ数ヶ月の関係である。それで4.5%の持ち分を獲得してしまった。
この持ち分は無視できない。

「ライブドア」(1,020,000)とマスコミを見よう。 
朝日新聞(157,000)15.4%
読売新聞(84,700)8.3%
毎日新聞(170,000)16.7%
産経新聞(53.400)5.2%
これは各紙の取材姿勢によるもなのか、ネットにおける占有力なのか。

ちなみに各紙の検索件数は、
朝日新聞(4,040,000)
読売新聞(3,230,000)
毎日新聞(8,720,000)
産経新聞(2,230,000)
「毎日」には「信濃毎日」ほか「毎日」の付く新聞が含まれてしまう。

また、
ライブドア(1,020,000)
ニッポン放送(676,000)
フジテレビ(885,000)
楽天(18,600,000)
YAHOO(7,550,000)
ソフトバンク(838,000)
楽天の店舗数は大変な力だ。ソフトバンクのページ数をどう見るか。

« 壮途を送る | Main | お好み焼きのメニュー »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/3653382

Listed below are links to weblogs that reference グーグルシェアー:

« 壮途を送る | Main | お好み焼きのメニュー »