« デッキの塗装をした | Main | 華道史 »

2005.03.04

雛あらば

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
雛あらば娘あらばと思ひけり     正岡子規


雛祭りの日、病牀六尺の世界に生きた子規にこの句のあるを知った。
うたれるところがあり、これで正確なのかどうか、どの句集に出ているのか、知りたいと思った。
(打ち明けた話、私は子規の句集などただの一度もひもといたことはない。)

たまたま神奈川県立図書館のレファレンスサービスに問い合わせたところ、数時間後にこんなご返事を頂いた。
有難いことである。

~~~~~~
正岡子規の句については『子規句集』(岩波文庫.1993)などのように初句索引があって索引から引ける資料もありますが、今回の句は『子規句集』には掲載されていませんでした。
そうなると、全集類を1ページずつ確認していくことになります。当館では『子規全集』(講談社.1975~1978刊.全22巻+別巻3巻)を所蔵していますので確認したところ、第3巻に収録されている『俳句稿 明治三十年』の「春 人事」の中に「雛あらば娘あらばと思ひけり」という句が掲載されていました。
その句に脚注があり、『日本』という雑誌の明治30年3月3日号に「雛祭」という句題で12句掲載されたうちの第12句を表すようです。
~~~~~~

« デッキの塗装をした | Main | 華道史 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/3167859

Listed below are links to weblogs that reference 雛あらば:

« デッキの塗装をした | Main | 華道史 »