« 「英語でよむ万葉集」 | Main | ケータイの番号 »

2005.01.29

無料ホームページを作った

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
無料ホームページを作った。

これまで10近くホームページを作ってきたが、その殆どはレンタルサーバー・独自ドメインであった。
(道具はFrontPageとFFFTP。)
やはり「独自ドメインで広告も入らないサイトの方が信用度が高く、訪問者も増え、有効であろう。」との思惑からである。
しかし今回思い付きで作ろうとしたサイトは、「商売でもないし」「アクセス数も気にならないし」「年間数万円とはいえ払うのもつまらないし」「慣れてきて広告入りもさほど気にならなくなったし」で、初めて無料ホームページを利用することにした。
ブログにしなかったのは、ブログの機能があまりに自己表白に過ぎること、コンテンツに資料提供のページなども考えている、からである。

あちこちに無料ホームページのサービスはあるが、結局YAHOOジオシテイーズに決めた。機能比較の結果というより、あちこちのサーバーを渡り歩くのに草臥れてきたからである。

さて。
とりかかったが、苦労しましたねえ。
無料ということで、初心者向けにいろんな簡便ツールを揃えてある。これが却って問題を難しくしたのであった。
まず最初のページ(index.html)はクイックページというのを押していけば自然に出来上がり、サーバーに送信されてインターネット・ホームページになるようになっている。ファイルマネージャーというのを使うのである。掲示板とか日記帳とかリンク集なども選択すれば自動的に最初のページに掲載される。簡単で、万歳!であろう。
しかしである。自分で自由にページ作りをしようとすると、さて判らない。
結局半日×2日かかって「編集」というところからHTMLで書き加えればいいことが判ったのだが、当方HTMLにそれほど習熟しているわけでもないし、表作りなんて辛気臭くてとてもHTMLで書く気にならない。
それで各ページはFrontPageで書いてHTML転換してファイルマネージャーに貼り付けようとするのだが、こうして作ったページはすべて文字化けして使い物にならない。

いっそのことファイルマネージャーなんて使わないで、FrontPageのファイルをFFFTPで自分で送り込みたいのだが、どうしてもホスト設定が出来ない。これで半日×3日を消費した。苦しい日々ですよ。
ジオシテイーズには何百何千ものホームページがあって、それぞれうまくやっているのだから出来ないのはよほど自分がトロいのだと思うしかない。初心に帰って(?)「助け合い掲示板」というのを読み始めた。もうこんなゴミみたいなものを読む気はなかったのだが。
結局そこでヒントを得て、2つの難関をクリアした。
1.「FFFTPでのホスト設定」→<PASVモードにする>ことで解決した。
2.「文字化け」→META HTTP-EQUIVの中の<charset=x-sijis>を<charset=euc-jp>と書き換えることで解決した。

たしか聖書だかに「金持ちが天国に行くのはラクダを連れて針の穴を通るほど難しい。」の譬え話があったが、今の私はラクダを連れて針の穴を抜けたような気分である。ああ、いい気分だ。
(これでやっと人並みになっただけだが。)

ところで何のホームページか。
それは内緒である。

« 「英語でよむ万葉集」 | Main | ケータイの番号 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/2735114

Listed below are links to weblogs that reference 無料ホームページを作った:

« 「英語でよむ万葉集」 | Main | ケータイの番号 »