« かえでの剪定 | Main | 三原山冠雪 »

2004.12.31

トルコとウクライナ

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
スマトラ沖地震による死亡者は既にして8万人を超えているという。どこまで拡がるのか。

トルコの片田舎で12月14日午後に購入し、裏にサインした絨毯現物が27日にわが家に到着した。支払いに使用したクレジットカード(VISA)は1月11日に決済される。
トルコは文明国である。

トルコ国民の99%がイスラム教徒だという。
1453年、コンスタンチノープルを陥して東ローマ帝国を滅亡させたマホメッドⅡ世の16万人のオスマン・トルコ軍は、3日間城内での略奪を許された。しかし城内で殺されたのは4千人程度だったという。大虐殺は行われなかった。すぐにギリシャ正教の存続も認められた。トルコ人にとって殺すよりも捕まえて奴隷に売る方が得なのであった。西進したスペインにおいてもひどい宗教的弾圧はなかった。
トルコ人は文明人である。

トルコのEU加盟がどうなるか。キリスト教・ローマ帝国の流れを汲むEUが、イスラムのトルコとどういう関係になるのか。
パレスチナあるいはアルカイダのイスラムとユダヤ・キリストとの対立は解けそうにない結び目だが、EUとトルコはどういう形を見せるのか。
トルコの文明に期待したい。

話はウクライナにとぶが、1933年、ウクライナ・ソヴィエト共和国で約500万人が餓死したという。(「物語ウクライナの歴史」黒川祐次 中公新書)
これはスターリンによる人為的な飢饉であった。モスクワに食料不足はなく、ソ連の食糧輸出は続いていた。ソ連は徹底的にこの事実を隠蔽した。西欧は知らなかった。この飢饉は世界史的にまだ認知されていない。
ヒトラーによるユダヤ人虐殺に匹敵するジェノサイドであった。

1933年のことといえばまだ生身に残る記憶である。今回の選挙がウクライナの人々にとってどんなに深い、複雑な思いのするものであったか。察するに余りある。
また歴史的にドイツもフランスもポーランドも、ウクライナに対して決して無罪ではない。
それにしても私にとって意外だったのはアメリカが西欧側についたことである。将来のEUを考えるとき、穀倉ウクライナはロシア側に置いておく方が得ではなかったのか?ロシアは既に一極たりえない。

いまトルコとウクライナが面白い。

« かえでの剪定 | Main | 三原山冠雪 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/2424783

Listed below are links to weblogs that reference トルコとウクライナ:

« かえでの剪定 | Main | 三原山冠雪 »