« 一吟一詠 | Main | 環境保護と人類 »

2004.10.11

台風、伊豆に上陸

台風22号が10月9日伊豆半島を直撃したことで、あちこちからお見舞いの電話、メールを頂きました。
有難うございました。御礼申し上げます。
幸いわが家には殆ど被害はありませんでした。

台風は西伊豆堂ヶ島付近から伊東市宇佐美あたりを吹き抜けたようです。
風速でいえば、石廊崎67.6M、網代63.3M、伊豆大島51.5Mの最大瞬間風速です。
雨量では、伊東市内で24時間雨量424ミリ、1時間雨量63ミリです。

宇佐美では数十軒の屋根が飛び、神社倒壊、土砂崩れ。
伊東港の防波堤のヨットが船台から飛ばされました。
網代の港内で係留されていた漁船が4隻転覆した写真が出ています。
修善寺では2年前に流されて復旧したばかりの独鈷の湯が流され、新井旅館は65人の泊まり客がいたそうですが、1階は腰まで水に浸かったそうです。
西伊豆では子浦で船の見回りに出た人が街灯が倒れたのに打たれて死亡、宇久須では養鱒場を見回りに出て流されて死亡しています。
道路、鉄道寸断、停電など多数。
(いずれも伊豆新聞)

わが家のあたりでは午後4時ころから1時間、海の方(東南方向)から強い風雨がありました。
私の体感では30メートルくらいでした。
うちも近所も、建物には特に被害はありませんでした。
電気はチラチラしましたが、長い停電にはなりませんでした。135号線の上では1晩止まったようです。
ケーブルテレビが断続的に消えて、一般家庭では不自由だったでしょう。わが家では衛星テレビはケーブルとは別なのでそちらを見ていました。断水はありませんでしたが、温泉が濁りました。
翌日庭を見回ったら、玄関脇アーチに被っていたカロライナジャスミンが吹き落とされ、山の手作りアーチが倒壊、オープンガーデンの看板が倒れていました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

« 一吟一詠 | Main | 環境保護と人類 »

Comments

伊東市の台風による家屋損害は結局2500世帯を超えたとのことです。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21255/1648960

Listed below are links to weblogs that reference 台風、伊豆に上陸:

« 一吟一詠 | Main | 環境保護と人類 »