2018.04.19

はとバスに乗った

はとバスに乗った。(2018/4/17)
都内を車で走ったのは20数年ぶりであった。はとバス宜し。
 
昨年4月、市内の葬祭業者が主催する終活フェアをひやかして抽選をひいたら1等賞の3万円の旅行券が当たった!
多分終活に最も近い人物と思われたのだろう。
その券ではとバスツアーのチケットを買った。
 
1.根岸神社のつつじまつり
  見事であった。
180417hatobus12negishitutuiji
 
180417hatobus08negishitutuiji
 
180417hatobus16negishishrinehondou
根岸神社山門
 
伊東市にも小室山のつつじがあるが、根岸神社のつつじとは全く趣が異なる。
小室山のはつつじの景観であり、根岸のは1株1株に名前がある。
同じ4月17日の小室山公園
180417komuroyamatutujiiwakamiyumiko
2.昼食
鶯谷の笹の雪の豆腐料理であった。
物足りなかった。
 
3.浅草
仲見世、境内を歩いていたら伝法院の庭園と大絵馬の特別拝観があったので入った。
この大絵馬展が思わぬ収穫であった。
そりゃそうだろう、浅草寺に歴代奉納された大絵馬が保存されている。どこかで見た記憶のある図柄ばかりだ。高さ3メートルのものまである。
撮影禁止が残念。
 
180417hatobus191asakusadenpoinema
 
4.水上バス
松屋横から浜離宮へ
 
5.浜離宮
30年前、1988年前後の5年くらい、浜離宮は私のものだった!
当時東京湾マリーナにマイボートを繋いでいて、まだ建設途上の東京港内をわがテリトリーとしていた。
有明には東京ガスがあり、出光の油槽所があった。
13号地は砂漠であった。ベイブリッジなどまだまだである。
 
浜離宮の護岸にヨットを停めて昼食をとるのが常であった。
庭は荒れて、護岸にも苑内にも人影を見ることは無かった。
東京にあって自由があった。
 
180417hatobus25hamarikyuuwharf
 
180417hatobus32hamarikyuugarden
~~~~~~~~~~~~
 
180417hatobus14negishitutuijikazu2
82才。一瞥して人生黄昏れの相貌である。
胸に貼ったはとバスのワッペンで雷おこしが8%引きになった。
 

2018.04.04

「花選びDB」の作成-2

「花選びDB」の作成までには多くの道のりがあった。
 
~~~~~~~~~~~~
1.わが庭の開花状況
前略  
オキザリス 多年草 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1      
ガーベラ 多年草 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
カイドウ 花木 2002/3/23 2002/4/7 * *
ガウラ 多年草 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
ガザニア 多年草 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
金の成る木 多年草 * * * 2002/5/1
カランコエ(各種) 多年草 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
カロライナジャスミン 花木 * 2002/4/7 * *
黄花ソケイ 花木 * * 2002/4/20 2002/5/1
ぎょりゅうばい 花木 2002/3/23 2002/4/7 * *
キンラン 多年草 * * 2002/4/20 *      
くちべにしらん 球根 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
クヘア 花木 2002/3/23 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
くもまそう 多年草 * 2002/4/7 2002/4/20 2002/5/1
クラスペデイア 1年草 * * * 2002/5/1
クリスマスローズ 多年草 2002/3/23 2002/4/7 * *
クリンソウ 球根 * * 2002/4/20 2002/5/1
後略
 
これは2002年の春、わが庭の開花状況を記録した表である。
  3/22   79種
  4/7    91種
  4/20  104種
  5/1   110種  
の開花を確認し記録した。*印は未開花か、既に落花したものである。
延べで162種の開花を記録した。
特筆すべきはこれだけ咲いて、名前が判らなかったのは2種だけだったことである。
いかにガーデニングに集中していたかが偲ばれる。
 
2.「オープンガーデンの現状と課題」「オープンガーデン・リスト」
  http://www.pcc-gardendesign.net/opengarden-today-thema.html
3.「庭の採点」「お庭拝見記」
  http://www.pcc-gardendesign.net/databook/Way-to-garden-score.html
 
4.全国庭園リスト 日本庭園・バラ園・ハーブ園
  http://www.pcc-teienlist.com/
 
5.寄せ植えの花選び
  http://www.pcc-gardendesign.net/Hana-Erabi/purpose.htm 
 
~~~~~~~~~~~~
このような過程を経てきている。
どれも素人なりに頑張ってしこしことまとめたものであるが、結局締まらなかった。
原因は私のIT技術不足である。
なかんずくオンライン検索がうまく構築出来なかった。
 
~~~~~~~~~~~~
今回の「花選びDB」は、その検索部分をプロに委託した。
未完成であるが仕上がりをご期待あれ。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
本業はマリンでガーデンは余技の   黒潮丸
 

2018.04.02

「花選びDB」の作成-1

「花選びDB」なるシステムを構築しようとしている。
 
~~~~1.目的~~~~~~~~
庭や花壇作りを考える時、まずどんな花を植えるか考えるだろう。
すべての花が頭に入っているならいい、好きな花を選べる。
しかしそうはいかない。知らない花もあるし、忘れてしまった花もある。
 
条件を与えたら<こんな花がありますよ>と教えてくれるアプリが欲しい。
与える条件はまず「開花期」、そして「花の色」、植物の「草丈」、植物の「性質」であろうか。
そんなアプリの「検索画面」を考えた。
 
~~~~2.検索画面~~~~~~~~
これが現在までに辿りついたPC上の検索画面である。
すでに可動状態でネット上にある。
しかしまだまだ未整備だし、修飾もしていない。
未公開である。
 
 
~~~~3.スマホアプリ~~~~~~~~
最初、今時のことだからPC上よりもスマホで動くアプリを目指した。
あわよくば有料アプリにしたい。
 
しかしいきなりスマホアプリを作るのは大層難しいことのようであった。
それでまずPC用を作ったのだが、意外にもそのままスマホで利用できる。
 

これがスマホ画面の現状である。
このままではすぐに有料アプリには出来ない。​
 
~~~閑話休題1.ガーデンデザイン事始め~~~~~~~~~
そもそも私がガーデンデザインに志しを持ったのはリタイアして伊豆高原に住み着いた直後のことであった。
 
ずるいことを考えた。
イギリスのガーデンデザインの通信講座に申し込んだのだが、ぎっしり中味が詰まっていて自分1人でこなしていく自信が無かった。
そこで発足したばかりの伊豆ガーデニングクラブ で有志を募り、仲間で輪講することにした。
結局8人集まり、翻訳するのは4人、あとの4人は聴講で、1年間1度の休講もなく勉強会を続けたのだった。
 

​右上が講義録原本、左下のファイルが勉強の成果である。
 

勉強会の実施内容と経過である。
 
よくやったと褒めてやりたい。
 
∞∞∞∞∞∞∞
続く

2018.03.27

孤立無援の思想

いよいよ明日、前国税庁長官佐川某の国会喚問である。
 
TVが佐川氏のプロフィールをあれこれ報じている。
学生時代の苦労話、入省後の秀才ぶり・・・
その中に愛読書として高橋和己の「孤立無援の思想」があった。
 
ふん、ふん。
実は私もかって高橋和己の愛読者であった。わが書棚の写真である。
 
180326takahashikazumibooks64
中央の「孤立無援の思想」の右隣りにある「悲の器」、これが高橋和己のデビュー作であった。
この著は多くの文庫に収録されているが、昭和37年刊のこの初版本はしかるべき古書価値があるであろう。
 
いや、それだけの話である。
 

2018.03.03

電子書籍のこと

半月も何も書かなかった。確定申告などあったが、いずれにしろ体力が落ちている。
 
先に今年前半に3冊目の電子書籍を出すと啖呵を切った。
テーマは<北極海航路>とすると言った。
しかしよく考えると、このテーマの本が売れる見込みがない。せめて自分で北極海航路を航海して来たのならともかく、すべて請売り話ではしょうがない。
 
売れない本を書くのはやめた。
別のテーマを考えていないではないが、まだ発表できる段階ではない。
 
~~~~~~~~~~~~
 
ところで皆さんは電子書籍を読んでいらっしゃるだろうか?
失礼ながら読み方をご存知ない方が多いのではないだろうか?
 
電子出版が始まった当初は読むための専用端末が必要で、ソニーやシャープなど電気メーカーや大手出版社がその開発に熱中したものだった。
しかしすぐにタブレットやスマホなどに専用アプリを入れて読むものになった。
勝者はアマゾンのKindleである。出版点数もKindleが際立って多い。他には楽天のKoboが頑張っている。
 
ここにきて、PCでKindleが読めるようになった。
 
~~~~~~~~~~~~
 
PC=パソコンで電子書籍=Kindleを読む方法をご紹介しよう。
まず検索窓で KindleforPC と入力する。
するとアマゾンのページで 「Kindle for PC」がダウンロード出来る。無料である。
 
0000kindkemark
あとはアマゾンでKindle本を買って読むがいい。
 
~~~~~~~~~~~~
 
Kindle for PC  を入れて、是非私の本を買って読んで欲しい。
次の本を書く励みになります。
「外洋クルーザーのスキッパーになる方法」380円
「ボート民泊・試論」480円
定価の70%が私の印税になります。 いいね!
Surfacepageskipper3h
 
Surficewheel31h
 

2018.02.14

わが仮想通貨始末

2017/1にビットコインならぬイーサリアムを3万円購入した。
値上がりしたので2017/3に6万円分売却して円現金に換えた。
残り分が値上がりして一時期30万円くらいになったが現在14万円である。
 
~~~~~~~~~~~~
これをどう言うのだろう。
タダが14万円になったのだから良かったというのだろうか。
売らずに全部持っていたら100万円になっていたと後悔するのだろうか。
 
~~~~~~~~~~~~
話の種にこのまま持っているつもりだ。
因みに扱い店は話題のコインチェックである。
 
180214coincheck∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
麻雀、囲碁、将棋はするけどパチンコ、競馬、競輪はやらない  黒潮丸
 

2018.02.12

日本さくら草の芽分け

昨日は日本さくら草の芽分け、ほか山野草の植替えを行った。
例年節分の日にするのだが今年は1週間の遅れである。
快晴で無風、気温も15,16度あり寒い地方の人には申し訳ない陽気であった。いい日を選んだ。
 
手順は1)全株を堀上げ、2)各芽を分けて水洗いし、3)ひげ根を半分ほど切り、4)新しい鹿沼土に植える、である。
(これは日本さくら草、山野草それぞれに異なる)
 
180211sakurasoumewake2
妻と共同作業
 
 
180211sakurasoumewake4c
 
180211sakurasoumewake3
 
180211sakurasoumewake5
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 
一転して今日は風があって寒い。足腰の筋肉が痛い。

2018.02.08

1日1歌―弁護士で

本歌:斉藤哲也 蓮田市
弁護士で画家で大学院生のダワーニャム・ビャンバドルジ土俵を降りる
  ・日馬富士、土俵を去る 2017/12朝日歌壇入選歌
 
黒潮丸:
我儘で自分勝手な貴ノ花自分一派の相撲を作れ
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

温泉契約更新

伊豆急との温泉契約は10年毎に更新しなければならない。
その際設備維持費として70万円を徴収される。
 
今回から10年ではなく5年更新が選べるようになった。10年は生きないよ、という人が増えたのだろう。
私も5年を選んだ。
 
~~~~~~~~~~~~
 
毎月の温泉使用料は7200円くらいである。
設備費を月に均らすと5800円。
合計で13000円か。
 
~~~~~~~~~~~~
 
昨年、風呂場を作りかえた。
浴槽に温栓と水栓だった風呂場をTOTOのユニットバスに替えた。温風が出て快適だ。
費用は210万円で意外に安かった。
その後も風呂は温泉ばかりで給湯を使うことは無い。
 
~~~~~~~~~~~~
 
老い支度である。
 

2018.02.02

組合参事

昨日、伊東市農協八幡野支所から清水農協有度支所の「日本ハンギングバスケット協会静岡県支部」の口座に2000円の送金を行った。
まあ何とも長ったらしい宛先である。
送金手数料540円と言われて払った。高いなと思った。
 
帰宅してしばらくして窓口の女性から電話があり、「手数料を間違えたので返金します」という。
そして正規の手数料216円との差額324円を届けてきた。
いかに近いとはいえ(2kmくらい)わざわざ届けてくるとは大変なことだ。
 
聞き質したら「参事に言われまして・・・」と白状した。
ははん、うろちょろしていたあのオヤジだな。
 
~~~~~~~~~~~~
 
もう随分昔、大王崎波切港に入った時、隣にフランス人のヨットがいた。
話しているうちにチャートのコピーが欲しいという。
 
それで目の前の波切漁組に行きコピーを頼んだら受付の女性は快く引き受けてくれた。せいぜい数枚のコピーである。
ところが奥に変なオヤジがいてぐじゃぐじゃ言っている。
女性が戻ってきて「参事が駄目だと言っています。」という。
金は払うと言っても駄目だ。その参事は決して我々の前には現れない。奥で女性に指示するだけだ。
 
結局近くのコンビニに行くことになったが、暑い盛りを炎天下30分も歩かされたのだった。
恨んだ、恨んだ。
あの頃SNSがあったら思いっきり叩いてやったのに!
 
~~~~~~~~~~~~
 
組合の参事とは碌なもんじゃない。
 

2018.02.01

北極海航路-商船三井のLNG船竣工

昨年末の12/22、商船三井は北極海航路に向けた砕氷LNG運搬船を竣工させたと発表した。
船名は「VLADIMIR RUSANOV」、ウラジミール・ルザノフとでもいうのだろう。
氷厚さ2.1mの氷海を砕氷船の先導なしに自力で航行出来るという。
 
180130171222a
 
中国のCOSCOと50%の共同保有とし、船舶管理はMOL、建造は韓国の大宇造船であった。
あと2隻の建造が決まっている。
MOLのプレスリリース:http://www.mol.co.jp/pr/2017/17111.html
 
~~~~~~~~~~~~
 
先に(2014/01/02 http://www.mol.co.jp/pr/2017/17111.html)北極海航路のことを書いた時に、北極海から釜山、上海に向かうには必ず宗谷海峡か津軽海峡を通らなければならないと書いた。
この時には宗谷か津軽海峡か不明であった。
 
昨年9月(2017/9)、ノルウエーを出航した中国貨物船「テンルー号」(36000トン)は苫小牧に寄港し、苫小牧市長のレセプションをうけて中国に向かった。
 
~~~~~~~~~~~~
 
北の一帯一路はいよいよ苫小牧をハブ港とするか!
 
131011170717
 

1日1歌―微笑して

本歌:相良宏
微笑して死にたる君とききしときあはれ鋭き嫉妬がわきぬ
 
黒潮丸:
覚悟して君入水すと聞きしとき鋭き嫉妬わが裡に湧く
  ・西部邁氏の死を聞いて
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.28

老眼鏡物語

私は裸眼で食事など日常生活に不自由は無い。
しかし老眼であり乱視もあって40代からメガネを常用している。
 
数年前に読書に不自由を感じるようになり「ハズキルーペ」なる天眼鏡を購入した。
その時の報告記事が意外に反響が大きかった。調べてみたらもう6年以上も前だった。
 
私は一昨日の石坂浩二の新聞全面広告を見てすぐに「ハズキ・ルーペ」を注文し本日到着、早速着用した。
すこぶる宜しい。
要するに新型の天眼鏡である。メガネの上に掛けるので両手が使える。視野が広い。読書に最適である。
 
ルーペなので焦点距離があるのだが、本を読むには本をその位置にかざすか置けばいい。
視野が広いので本をあまり動かす必要もない。
パソコン画面も驚くほどクリアに見える。このところ時々早とちりもあったのだ。
ご同病の諸兄にお勧めする。 2011/11 



​下の写真は我が現状である。5つのメガネに囲まれている。

180128meganeprice
 
​ 
  
私の主たる読書場所はベッドなので、ハズキルーペはベッドサイドにある。もう鼻宛てなど外れてしまったが充分機能している。

次に買ったのがパソコン用である。試しにネットで4千円のを買ったらそれで十分であった。

次に新聞など読むことがあるので食卓周りに欲しくなり、ホームセンターで1000円で買った。

そして移動用にバッグの中に入れて置くべく100均ショップで108円で追加した。
 


はあ。1万円から100円へ。落ちぶれたと嘆くべきか。世の中の進歩を讃えるべきか。​
 

2018.01.26

烏鷺争い

10年振り烏鷺争いぬ碁仇と一勝一敗一持碁なりき   黒潮丸
 
  ・小生は石に触れたのが10年振りであった。相方は週2回碁会所に行くという。 へへ。

2018.01.21

メイ・サートン「82才の日記」

「82才の日記」(メイ・サートン)を読んでいる。
メイ・サートンについては8年前と2年前に記事を書いた。
 
私がこの書を今更に読むのは、自分が80才になって82才の日記の書き方を学びたいからである。かの国には日記作家という作家ジャンルがあるらしい。
メイは1993年から94年にかけての1年間この日記を続け、翌1995年83才で亡くなった。
及ばずといえ私もいささか自らの末期を整えたい。
これまで「黒潮丸通信」は何かトピックを見付けて記事を書いてきたが、これからは我が末期に至る日常の記録として書くことにしよう。
願わくばその当日に至るまでわが硯水の枯れざらんことを。
 


はは。これは我が2年前の決意である。
しかるに実態は末期の準備にほど遠い。硯水の乏しくなりつつあることのみ身に沁みる。
 



~~~~~~~~~~~~
言葉泥棒の三十一文字すら怪しい  黒潮丸
 

 
160928maysarton82

2018.01.20

1日1歌―退くことも

本歌:志垣澄幸
退くことももはやならざる風のなか鳥ながされて森越えゆけり
 
黒潮丸:
退くことももはやならざる大西を大きく間切りてまづめを進む
  ・大西=強い西風
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.18

1日1歌―たちまちに

本歌:木俣修
たちまちに涙あふれて夜の市の玩具売場を脱れ来にけり
  ・我が子を喪った時のうた
 
黒潮丸:
たちまちに思い昂まり手の届かぬ試乗艇の列に並びぬ
  ・ボートショーで
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.17

1日1歌―動物園に

本歌:伊藤一彦
動物園に行くたび思い深まれる鶴は怒りているにあらずや
 
黒潮丸:
水族館に行くたび思い深まれる鮫は怒りているにあらずや
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.16

1日1歌―鴎外の

本歌:小高賢
鴎外の口ひげにみる不機嫌な明治の家長はわれらにとおき
 
黒潮丸:
スターリンの口髭にみる不機嫌と隣のデブとどちらが怖い
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

電子書籍「北極海航路」予告

小生はこれまで2冊の電子図書を出版した。
「外洋クルーザーのスキッパーとなる方法」(380円)
「ボート民泊試論」(480円)   である。
いずれも Amazon ですぐ購入できるのでお買い上げをお願いしたい。
 
さて次は何にしようかと考えていたが、ようやく昨日1つの着想を得た。
「北極海航路」である。
 
私は自分がサハリン生れである故もあって、かねて北方航路には関心があった。
このブログにも何本もの記事を書いてきた。
これらを纏めれば骨格になるのではないか。
調べると5、60本のファイルがあった。
しかし本に纏めるにはまだまだ足りない。そもそも「北極海航路」として何を書きたいのか。
 
何はともあれ目次を作らなければならない。
目次=構成を考えれば集めるべき資料、自分の立ち位置が見えてくるだろう。
 
取りあえず
・北極海航路とは
・我が北極海航路
・先人たち
・北極海航路の技術的問題
・北極海航路を巡る国際情勢
・これからの北極海航路
 
あっはっは。楽しい。楽しい。
しかし目次を見て思った。
あまり売れそうにないな。
 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
1日1歌はおろそかになりそうな  黒潮丸
 
180115nordwestpassagetokyony

2018.01.15

1日1歌―海こえて

本歌:岡井隆
海こえてかなしき婚をあせりたる権力のやわらかき部分見ゆ
 
黒潮丸:
海越えてかなしき約をあせりたる首脳の脳が蕩けて見える
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.14

1日1歌―空晴れし

本歌:柏崎驍二
空晴れし日なれどここの山陰は道濡るるゆえ落葉も濡るる
 
黒潮丸:
空晴れし日なれど今日の海面は白兎飛びてしずこころなく
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 
 

2018.01.13

1日1歌―ふるさとに

本歌:小池光
ふるさとに母を叱りてゐたりけり極彩あはれ故郷の庭
 
黒潮丸:
ふるさとの施設に母を預けたりふるさと哀れ我またあわれ
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.12

1日1歌―月よみの

本歌:島田修三
月よみのひかりあまねき露地に来て給与明細読むひと俺は
 
黒潮丸:
月よみのひかりあまねき富戸の海マグロかブリがゆらりと揺れた
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

2018.01.11

1日1歌―バルコンに

本歌:近藤芳美
バルコンに二人なりにきおのづから会話は或るものを警戒しつつ
 ・日中戦争前夜の青春であった
 
黒潮丸:
働き方改革なりと国の言う二人は一緒に生きられるのか
 
~~~~~~~~~~~~
老水夫いまわの際に俄かに作歌せんと志すも師なく友なく学無し。
而して「現代秀歌」(永田和宏)百首の本歌取りを試みる。恙なきや。
 

«古本と断捨離